工務店の選び方

工務店の選び方

工務店をしっかり選ぼう

工務店選びはとても重要な問題です。ハウスメーカーや建築家を選ぶよりも、工務店選びのほうがむずかしいのです。工務店はハウスメーカー等のように客観的に判断するための基準がなく、実際に仕事を見てみないとどういう工務店なのかはわからないという点があります。また工務店は会社によって業態や能力、経営意識もさまざまなものがあります。これから工務店に仕事を任せようと思っているなら、しっかりと違いを見比べられるようにしましょう。

工務店の形態

工務店にはさまざまな業態があります。工務店は複数の専門工事業者をマネジメントして、工事全体を管理する業者のことです。しかし工務店の形態によって得意とする仕事の領域が変わってくるものです。
工務店の形態には、棟梁タイプ、建築士を抱えたデザイン重視タイプ、外部の設計を利用する施工専門タイプ、ハウスメーカー下請けのフランチャイズタイプ、ハウスメーカータイプ、自分たちで土地を購入し建て売り住宅を販売するデベロッパータイプがあります。自分がお願いしようと思っている工務店はどういうタイプなのか調べてみましょう。

工務店の信頼性をチェック

工務店の信頼性を見るためには、信用調査ができれば安心できますが、そこまで手間をかけるわけにはいきません。手軽に工務店の信頼性を確認するなら、まずは直接工務店へ行って直接経営者や担当者と話をしてみると良いでしょう。どういう対応をしてくれたのか、事務所内が散らかっていないか、相手に対して真摯に応えようとしてくれているのか。こういう点からでも、その工務店の信頼性が見えてきます。工務店へ行ってみて、そこからだらしなさを感じるようなら、避けたほうが良いかもしれません。仕事に関しては別だと思っても、そのまま同じ雰囲気だったという例は数多くあるのです。

工務店を選ぶ時の注意点

工務店を選ぶ時に陥りやすい注意点は、親戚・知人に工務店へ勤務・経営している場合にお願いするということです。これはちょっとしたサービスが期待できるというメリットがありますが、その付き合いの延長になってしまう可能性があります。普段は仲良くしていても、工務店と顧客の関係になったらそういう考えは捨てなければいけません。仕事について文句があるけど、そこで関係が悪くなったら困るということで黙ってしまう人もいます。工務店関係者だと知っていれば義理で使った方が良いのかと思うこともありますが、そこから問題が発生する可能性があるため、工務店選びは慎重にしましょう。

工務店選びは色々な方向から

工務店選びはとても重要ですが、本当に良い工務店を探すのはむずかしいことです。工務店では監理を自社内で行っているので、一度契約すると本当の工事内容は依頼者にはわかりません。本当に信頼できる工務店ならそのまま仕事を任せても問題ありませんが、今まで一度も仕事をお願いしたことがない工務店だと、本当に大丈夫なのか心配です。工務店を選ぶ時には、金額だけでなく信頼性や担当者との相性、実績や技術力などさまざまな方向から判断して決めるようにしましょう。最初からすべてを疑って見るのも問題があるかもしれませんが、失敗しないためにはこういうことも必要なのです。

↑