マンションリフォーム 

マンションリフォーム - マンション、住宅、一戸建てのお得情報。 賢いやり方、注意点を知って上手な増改築を!-お役立ち情報。

マンションリフォームについて勉強しよう

マンションリフォームには一般の住宅リフォームと違って、さまざまな制約があります。マンションは共同住宅なので共用部分があるからです。マンションリフォームをしたいと思っているなら、まずはマンションリフォームの注意点についてしっかり勉強して下さい。しかしマンションリフォームに制約があるといっても何もできないわけではありません。自分の理想とするマンションに住みたいなら、マンションリフォームで理想のマンションにしましょう。

マンションリフォームはどこまでやれるのか

マンションリフォームができない部分には、共用部分と専用使用部分があります。マンションリフォームで最初につまずくのは、この点が理解できていないからという例がほとんどです。ちなみにマンションリフォームで問題になる共用部分は、床よりもさらに下の部分にあります。マンションの一室を構成する「箱」の部分と考えるとわかりやすいでしょう。つまりマンションリフォームは、室内に限れば見える部分どこでもリフォームの対象にすることができるのです。ちなみに外から見えるサッシや玄関ドアや廊下は専用使用部分なのでマンションリフォーム対象外です。まずはこの2つのことを覚えておきましょう。

マンションリフォームは規約に注意

マンションリフォームの時に注意が必要なのは、マンション管理規約の存在です。一般的にマンションリフォームの対象になる場所でも、実はそのマンションの管理規約では「不可」になっている場合があります。業者の人はマンション管理規約までは把握していないので、マンションリフォームで手を出してはいけない部分にも手を加えてしまう可能性があります。そういうことが起こらないように、マンションリフォームをお願いする前に管理規約はしっかり確認して下さい。マンションリフォームを考えているなら、まずは管理事務所や管理組合に相談すると、どのレベルまで可能なのかしっかり教えてくれます。

マンションリフォームは防振・防音に気をつけて

マンションリフォームをする時は、防振・防音対策に気をつけて下さい。元々マンションに設置されているものは、そのマンションの基準にあわせて対策されているものがあります。しかしマンションリフォームで新しくした時に、それらの対策を忘れてしまうことがあります。そうなると隣人に迷惑がかかるようになるかもしれません。マンションリフォームでこういうフローリングにしたいと思っても、そのフローリングがマンションの防音基準を満たしていなければ使えません。マンションリフォームにはこういう制約もあるのです。マンションリフォーム前の確認は念入りにして、後で後悔することがないようにしましょう。

マンションリフォームで快適な生活を!

マンションリフォームはできる部分とできない部分があり、一般の住宅リフォームと比べると面倒なものです。しかしその中で上手くマンションリフォームすることができれば、とても快適な生活を送ることができます。
マンションリフォームのことをしっかり勉強して、満足できるマンションリフォームをできるようになりましょう。長い間住んでいるとどうしても飽きがきてしまう所や、修繕しなければいけない部分もでてきます。そういう部分を解消するためには、マンションリフォームが1番なのです。

↑