シックハウスってなに?

シックハウスってなに?

シックハウスとは何か

シックハウスは、住居内の室内空気汚染が原因でおこる健康障害をシックハウス症候群と呼ぶところからきています。昔とくらべて住宅の高気密・高断熱化がすすみ、快適に生活できるようになりました。しかしそのために用いられる新建材には化学物質がふくまれており、それが原因でシックハウスになってしまうようになりました。シックハウスにはさまざまな原因・症状があるので、素人判断ではシックハウスかどうかわからないことがあります。何か異常を感じたら医師に相談するようにしましょう。

シックハウスの原因

シックハウスにはさまざまな原因があります。建物に使用されている建材から出る化学物質が代表的なものですが、家具に使われている化学物質が原因の場合もあります。シックハウスの原因の中には、換気不足が原因で起こるという場合もあります。ダニやカビが原因でシックハウスになることもあれば、体質が変化することでシックハウスの症状が出てしまうことがあるのです。今までの環境では問題なかったのに急にシックハウスになった時は、実は自分にも原因があるかもしれません。

シックハウスの症状

シックハウスの症状は個人差が大きく、この症状が出たからシックハウスだと判断するのはとてもむずかしいものです。シックハウス症状の中には、本人にしか自覚できないものもあるので、シックハウスではなく風邪や精神疾患や更年期障害と間違えられてしまうこともあります。目の痛みやかゆみ、鼻水や鼻づまり、せきやくしゃみ、吐き気や食欲不振、じんましんや肌荒れ、頭痛、耳鳴り、不整脈などはシックハウスが原因の場合があります。何をやっても改善しないという場合、シックハウスではないのか疑う必要があります。

シックハウス対策をしよう

シックハウスの対策のためには何が有効なのかというと、まず換気をしっかりすることです。多くは家具や建材から発散する化学物質がシックハウスの原因なので、換気を良くすることで改善することができます。
それだけではどうにもならない時には、シックハウスの原因そのものを取りのぞく必要があります。今まで使っている家具や建材から化学物質を減らすリフォームが、シックハウス対策として有効です。古い建物はシックハウス対策の基準外の建材が使われていることが多く、直接原因をとりのぞく方法が有効です。

シックハウスはリフォームの時に注意

シックハウス対策にはリフォームが良いということですが、実は場合によってはシックハウス対策のリフォーム自体が、シックハウスを引きおこす原因になることもあります。
住みながら工事をする時は特に注意が必要です。工事中に飛び散ったほこりがシックハウスの引き金になることがあります。他にも接着剤や塗料を使用している隣で生活することも、シックハウスの原因になる場合があります。シックハウス対策のリフォームをする時は、その会社がシックハウスに詳しいかどうかもふくめて、しっかり選ぶようにしましょう。

↑