二世帯住宅 - 住宅、一戸建ての賢い選び方、注意点を知って上手な住宅物件、お住まい探し!-お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

二世帯住宅 

- 住宅、一戸建ての賢い選び方、

注意点を知って上手な住宅物件、お住まい探し!-

イメージ

二世帯住宅について勉強しよう

二世帯住宅という言葉自体はよく耳にするものですが、実際に二世帯住宅にする時にはどういうものがあるのかまで考えている人はあまりいません。二世帯住宅にはメリットもあればデメリットになる部分もあります。しかし上手く活用することができれば二世帯住宅のデメリット部分をほとんどなくすことができます。これから二世帯住宅にするかもしれないという人は、二世帯住宅についてしっかりと勉強してみて下さい。実際に二世帯住宅にしてから問題が発生するようなことがないようにしましょう。

二世帯住宅のタイプ

二世帯住宅には大きくわけて3つのタイプがあります。1つの住宅に対してどういう住み方をするのかで、そこから得られる効果はさまざまです。水平分離タイプの二世帯住宅は互いの干渉が少なくなりますが、世帯間の移動が面倒です。垂直分離タイプの二世帯住宅は世帯間の移動が楽になる点やそれぞれの世帯が「戸建て感覚」で住めますが、敷地の大きさによってはむずかしいというデメリットがあります。
共用タイプの二世帯住宅は設備機器代が安くなりふれあいが多くなりますが、プライバシー確保がむずかしいという点があります。このようにそれぞれの二世帯住宅タイプによってメリットもデメリットもあるのです。

二世帯住宅リフォームは住まいや家族構成にあわせて

二世帯住宅にしたものの、生活自体は以前より不便になることが起こる場合もあります。現在の住宅をリフォームして二世帯住宅にする場合、こういうことが起こらないように注意しましょう。しかし上手く自分たちにあわせた二世帯住宅リフォームをすることができれば、お互いがとても快適に生活できるようになります。二世帯住宅にするということにだけ目がいってしまい、住居の問題を軽く見ないようにしましょう。住居形態によって二世帯住宅が成功するか失敗するかということもあるのです。

二世帯住宅の前におたがいの要望をしっかりまとめよう

二世帯住宅にする場合、どちらか片方だけが主導になってはいけません。親子それぞれ異なる主張がある時に、片方の意見だけで二世帯住宅になった場合は問題が発生してしまうこともあります。まず二世帯住宅をするにあたっておたがいの意見を出し合い、それぞれの希望に優先順位をつけて、なるべく多くの要望が実現するようにしましょう。
安全性を重視するか、それとも利便性を重視するかでも二世帯住宅は大きく変わってくるものです。現在のことだけを考えるのではなく、今後のことも考えて二世帯住宅について考えるようにしましょう。

二世帯住宅の実例を参考にしよう

二世帯住宅にはさまざまな例があります。その中には成功しているものもあれば、上手くいっていないものもあります。それだけ多くの例があれば、その中には自分たちと似たようなケースの二世帯住宅もあるのです。ハウスメーカーなどのホームページを見てみると、二世帯住宅にした家庭の実例を見ることができます。いきなり自分たちのプランを実行するのではなく、実際に同じようなケースの二世帯住宅を参考にしてみると良いでしょう。
完全に自分たちと同じものが見つかるわけではありませんが、二世帯住宅を成功させるための秘訣をそこから学べるかもしれません。こういうものを参考にして、自分たちにとって理想の二世帯住宅形態を探しましょう。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.