外断熱(そとだんねつ) - 住宅、一戸建ての賢い選び方、注意点を知って上手な住宅物件、お住まい探し!-お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

外断熱(そとだんねつ)

 - 住宅、一戸建ての賢い選び方、

注意点を知って上手な住宅物件、お住まい探し!-

イメージ

外断熱とは何か?

外断熱(そとだんねつ)は、建物の断熱層の位置やその工法自体のことを言います。現在一般的なのは断熱材を柱と柱の間に入れる、内断熱(うちだんねつ)と呼ばれる方法です。外断熱は家の構造の外側に断熱材があるということで、内断熱よりも通気性に優れているという特徴があります。しかしコストがかるということなどが理由で、内断熱に対して外断熱のシェアはとても低いものです。しかしそれらのことを加えても外断熱にはさまざまなメリットがあり、これからの地球のことを考えると外断熱を採用すべきと言う声も上がってきています。

外断熱と内断熱の違い

外断熱と内断熱の大きな違いは、家の構造の内側と外側のどちらに断熱材があるのかということです。内断熱だと、断熱材が使われていない場所以外は冷えてしまいますが、外断熱だとそういうことが起こりません。また内断熱の断熱材は、シロアリや虫の被害にあう可能性がありますが、外断熱だとそのリスクが大きく下がります。外断熱にも内断熱にもそれぞれメリットとデメリットがあるので、どちらが良いのか決めるのはむずかしい問題です。しかし断熱効果や強度のことを考えると外断熱のほうが優れている点が沢山あります。

外断熱のメリット

外断熱のメリットは、断熱が途切れないというところです。また建物の構造がシンプルだと、気密をとりやすいというメリットもあります。この他にも外断熱には施工がしやすいという点や、結露・木材が腐るという心配がなくなります。そして壁の中に断熱材がないことで、外断熱の家は配管や電気配線に融通性があるのです。外断熱にはこのようにさまざまなメリットがあります。それならばすべての家を外断熱にすれば良いのではという意見もありますが、メリットだけでなくデメリットもあるのです。

外断熱のデメリット

外断熱のデメリットは、外装材に制約あるというものや、断熱時あの熱さに制約があり、地域によっては次世代省エネルギー基準に対応しにくいというものがあります。また壁側に断熱材を用いるので、外断熱の家は壁厚になってしまいます。そして外断熱はコストがかかるということや、木材の乾燥収縮に断熱材が追従しにくいというデメリットがあります。外断熱のデメリットは内断熱に比べてあつかいがむずかしいということです。外断熱のメリット・デメリットと内断熱のメリット・デメリットはそれぞれ正反対というものがほとんどです。どちらがより優れているのかではなく、どちらの性質が自分に合っているのかを考えて決めるようにしましょう。

外断熱の重要性

外断熱は断熱効果に優れているという特徴があり、それは環境対策としても有効です。断熱性が低い状態だと、どんな省エネ機器を使っても熱自体が逃げてしまうので、結果的に無駄がでてしまいます。
しかし外断熱の家ならその無駄を最小限にすることができます。外断熱も完璧な工法と言えるものではありませんが、今後のことを考えるなら外断熱の導入を積極的に考えるのが良いのかもしれません。外断熱はコストがかかりますが、長い目で見ると暖房費を抑えることで帳尻があうという見方ができます。建物を建てる時には、断熱方法についてもしっかり考えてみてはいかがでしょうか。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.