土地売却 - 不動産住宅物件の賢い情報収集。 上手な選び方、手放し方のお手伝い!お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

土地売却 

- 不動産住宅物件の賢い情報収集。

 上手な選び方、手放し方のお手伝い!

イメージ

土地売却は不動産会社選びから

土地売却は不動産会社選びからはじまります。その土地の商品価値も重要なことですが、不動産会社にやる気があるかどうかが、土地売却ではもっとも重要なことです。良い不動産会社ならしっかり宣伝をしてくれて、土地売却もスムーズに行われます。しかしやる気のない不動産会社だと、いつまでも土地売却することができずに、余計なお金や時間だけがかかってしまいます。土地売却のことを考えているなら、まずは信頼できる不動産会社を探すことからはじめて下さい。

土地売却の前に用意しておくもの

土地売却時にはその土地の査定をします。この時複数の不動産会社に査定を依頼しておくと、比較して検討することができます。土地売却において査定は絶対に必要なものです。そしてそのためにいくつか準備しておかなければいけないものがあります。土地の登記簿謄本は土地売却時に絶対必要なものです。土地の公図・測量図はあれば良いというものですが、あったほうが心強いです。最後に土地売却の時点で、その土地の現状がわかる資料があればさらに良いでしょう。すべてあれば土地売却はスムーズに進行しますが、登記簿以外のものがないときは不動産会社に相談してみて下さい。

土地売却の契約

土地売却をする時は不動産会社と媒介契約を結びます。これは土地売却を仲介してもらうだけでなく、どういう方法で宣伝していくのかにも関わる部分です。土地売却の媒介契約には全部で3つの種類があり、専属専任媒介と専任媒介と一般媒介があります。専属専任は1社のみに依頼するもので、一般媒介は複数の会社に売却を任せることができます。土地売却においてどの契約が良いのかは、断言することができません。しかし基本的に一般媒介にしておけば幅が広がるので、特に問題がなければ土地売却は一般媒介契約で大丈夫です。

土地売却時の価格調整はしっかりと

土地売却時にポイントになるのは、土地売却金額をどれくらいに設定するのかということです。土地売却前に査定をして適正金額を知ることができますが、素直にその金額にする必要はありません。場合によってはそれより高くすることも安くすることもできます。しかし最初から高額にしすぎると、買い手がつかなくなってしまいます。土地売却は、できるだけ売れやすいが得をできる金額を設定することが重要です。すぐに売れることを望むのか、なるべく高額で売れることを望むのかを考えて、土地売却金額を決めるようにしましょう。

土地売却の注意点

土地売却の注意点は、慎重さを忘れないことです。土地売却をする時はすぐに売れて欲しいと思い、なんでもすぐに決めてしまうことがあります。しかしそれが原因で土地売却を失敗してしまう人もいます。不動産会社を選ぶ時、土地売却金額を決める時、実際に買い手が見つかった時など、土地売却で慎重にならなければいけない時は沢山あります。とんとん拍子にことが進んでも、本当に大丈夫だろうかと思える慎重さを持つようにして下さい。さあ、あなたも不動産住宅物件の賢い情報収集!

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.