住宅売却

ミックスジュースの作り方・レシピ

住宅売却の流れ

住宅売却をする時は、まずその住宅の売却価格を決めます。住宅売却前には査定価格を調べてもらい、それを基準にして売却価格を決めましょう。住宅売却が決定したら、今度は不動産会社と媒介契約を取りかわします。その後その住宅の販売活動がはじまり、買い手がついたら買い主との間で売買契約を結びます。その時に買い主から手付け金を受けとります。そして実際に不動産の引き渡しを行い、住宅売却完了です。実際に住宅売却をする時はこのような流れになりますが、買い手が見つかるまで価格を変更することもあります。

住宅売却は営業マンしだい?

住宅売却をスムーズにしたいなら、担当する営業マンを見て不動産会社を選びましょう。どういう不動産会社かも重要ですが、住宅売却の鍵を握るのは営業マンなのです。営業マンにやる気があれば、すべての流れがスムーズに行え、住宅売却の時間的ロスが少なくなります。住宅売却をする時は、最低でも3社以上と面談をして、最終的にこの人なら大丈夫と思える人に任せることになります。やる気のある営業マンなら、住宅売却時の宣伝活動などにも力が入っているので、より高く売れる可能性が高くなります。不動産会社基準で選ぶだけでなく、こういう視点から不動産会社を選ぶことも重要です。

住宅売却で損をしても税金で得ができる

住宅売却では、所得がマイナスになってしまうこともあります。住宅売却は必ずしも希望する売却価格で売れるわけではなく、大きく値下げしなければいけないこともあるからです。住宅売却で譲渡所得が発生すれば所得税が発生しますが、逆に譲渡所得がマイナスになった場合、税金の控除がなされます。住宅売却の譲渡取得による税金控除は、最長3年間にわたって所得からの控除を繰り返すことができます。住宅売却で損をしてしまっても、それに対するフォロー体制はあるということを覚えておきましょう。

住宅売却時の買いかえサービス

住宅売却をする理由は人によってさまざまです。その中には住宅売却後に新しい住宅を購入するという予定の人もいます。そういう人は、住宅売却時の買いかえサービスを利用することで、少し得をすることができます。住宅売却時の買いかえサービスは、不動産会社によってさまざまです。新しく購入する中古住宅の無料調査をしてくれるものや、建物の保証をしてくれるというものもあります。住宅売却後に新しい住宅を購入するなら、こういうサービスで一番得をできる不動産会社を選ぶのも1つの手なのです。

住宅売却はしっかり考えてから

住宅売却をする時は、しっかり考えてから選ぶようにして下さい。絶対に住宅売却をしなければいけないのか、他に方法はないのかも考えてみましょう。住宅売却をしなくても、その住宅を賃貸で貸すことによって定期的な収入を得るという方法もあります。せっかく手に入れた住宅なのですから、最大限利用できる方法はないのか、しっかりと考えてから住宅売却を決めるようにしましょう。住宅購入と同じく、住宅売却もまた動く金額が大きく、人生の中で大きな分岐点になるものです。慎重に考えて、できるだけ損をしないようにしましょう。さあ、あなたも不動産住宅物件の賢い情報収集!

↑