中古住宅 中古住宅

中古住宅購入前に

中古住宅を買うときには、その物件の金額が一番気になるポイントです。中古住宅の価格は事例比較法で決められているので、標準相場をもとに決められています。しかし標準相場と比較して決めていとはいえ、参考にする程度のものなので、それよりも高く値がつけられていることもあれば、安く値がつけられているものもあります。高い中古住宅は評価が良いということが、必ずしもあるわけではありません。中古住宅購入を考えているなら、この点にだまされないように注意して下さい。

中古住宅のメリット

中古住宅のメリットは、同じ広さなら新築住宅に比べて割安で購入できるという点があります。また、その住宅を購入した人もしっかりと考えて選んだ土地と建物なので、比較的ロケーションが良いのが特徴です。この他にも中古住宅には、取得後すぐに住めることや、土地と建物が同時に手に入るというメリットがあります。庭木やエアコンなどが最初からついてくることがあるのも、中古住宅のメリットです。中古住宅は新築住宅のような真新しさがない分、このように大きなメリットがあります。中古住宅は、ただ安く買えるだけがメリットではないのです。

中古住宅のデメリット

中古住宅はメリットが沢山ありますが、その反面デメリットになる部分もあります。中古住宅は建て替えがしにくいという点や、新築に比べて税制面でのメリットが少ないのです。また、仲介手数料がかかるという点や、なぜ売却されたのか理由が調べにくいという点もあります。新築住宅と中古住宅のどちらが得なのかは、単純に言いきることはできません。中古住宅のメリットとデメリットの双方を考えて、中古住宅の購入を考えるようにしましょう。

中古住宅購入時の注意点

中古住宅を探している時に、掘り出しものがないかと考えてしまう人がいます。しかし中古住宅には掘り出しものなんてものはありません。高い中古住宅には高いなりの、安い中古住宅には安いなりの理由があります。メリットとなる点が自分にとってどこまで大きいのか、一般的にデメリットとなる部分がどこまで影響してくるのか、どこで納得するかは自分しだいです。できるだけ良いものを探そうとすることは間違いではありませんが、どこで妥協するのかも、中古住宅購入時には必要なことなのです。

中古住宅購入は慎重に

古住宅の購入は、これ以上ないというくらい慎重になって下さい。中古住宅の情報で良いものが見つかっても、それは別の側面から見たら落とし穴があるかもしれません。これは中古住宅に限った話ではありませんが、何ごとも良いだけのものはないのです。中古住宅は新築住宅に比べて金銭的負担は少ないものですが、それでも高い買いものであることに違いはありません。中古住宅は、情報収集段階から慎重に考えて、最後まで納得できるようにしましょう。
さあ、あなたも住宅、一戸建ての賢い選び方、注意点を知って上手な住宅物件、お住まい探し!

↑