一戸建て売却

一戸建て売却

一戸建て売却の流れ

一戸建て売却をする時の流れは、全部で5つにわけることができます。一戸建て売却を決めたら、まずは査定をしてもらいます。そしてそれを参考に売り出し価格を決め、不動産会社に一戸建て売却を依頼。実際に物件を売り出して購入者が見つかれば、契約・一戸建て売却となります。一戸建て売却は基本的に不動産会社に頼ることになるので、不動産会社を決める時はしっかり選ぶようにしましょう。すぐに売れるかどうかにも関わってくることなので、気をつけて下さい。

一戸建て売却依頼時の契約

一戸建て売却の契約は、全部で3種類有ります。一般的な一戸建て売却契約では、他の不動産会社への依頼や、みずから見つけた買い主との取引が可能です。一戸建て売却はこれ以外にも、みずから見つけた買い主との取引だけができる専任媒介契約と、完全にその不動産会社に任せることになる専属専任媒介契約があります。一戸建て売却の方法として、どの方法がよいのかはそれぞれのケースによって変わります。ただし主流となる一般媒介契約にしておけば、柔軟に対応することができるので、一戸建て売却時は一般媒介契約にしておくと良いでしょう。

一戸建て売却に必要な費用

一戸建て売却に必要な費用は、いくつかの種類があります。一戸建て売却で確実にかかるものには、不動産会社への仲介手数料、売買契約書に貼る収入印紙があります。この他にも一戸建て売却で売却益が出た場合は譲渡所得税、ローンの残債があり抵当権が設定されている場合には抵当権の抹消費用、リフォームして売却する時はリフォーム費用などが発生します。一戸建て売却をする時は、その建物がどういう状態なのかによって、必要な費用も大きく変わります。一戸建て売却をする時は、まず現在の状態を確認することからはじめて下さい。

一戸建て売却に必要な書類

一戸建て売却に必要な書類は、物件によって異なる場合がありますが、基本的には4つのものが必要になります。1つめは不動産の登記済み権利証書(権利書)、2つめは実印、3つめは印鑑証明書、4つめは固定資産税の納税通知書です。一戸建て売却ではなくマンション売却の場合は、さらに管理規約の書類が必要になるので、こちらも覚えておいて下さい。これら一戸建て売却に必要な書類は、前述したとおり一般的な一戸建て売却時に必要なものです。特殊な条件での一戸建て売却の場合、それに応じた書類が必要になります。

一戸建て売却の注意点

一戸建て売却時には、いくつか注意しておかなければいけない点があります。一戸建て売却を仲介してもらう業者の選別は基本です。また一戸建て売却の契約をする時の契約事項の確認も、しっかりとして下さい。一戸建て売却が決定したことで浮かれてしまい、契約書の内容をじゅうぶんに確認しないという人がいるからです。これが原因で、後になって大きな問題に発展してしまうことがあります。一戸建て売却は、慎重になりすぎて困るものではありません。細かい部分でもしっかりチェックするようにして下さい。
さあ、あなたも不動産住宅物件の賢い情報収集!

↑