等級割引とは? - 自動車保険の特約、割引、条件、かけ方、選び方を知って自動車保険料金を節約しよう!-お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

等級割引とは?

 - 自動車保険の特約、割引、条件、かけ方、

選び方を知って自動車保険料金を節約しよう!-

イメージ

等級割引とは何か?

等級割引は、そのドライバーがどれだけ安全運転をしているかを示す等級制度を利用した、自動車保険の割引方法です。等級は1年間無事故でいると1等級ずつ上がり、等級割引によって保険料が安くなります。自動車保険は、事故を起こす心配がない人の保険料が安くなるものです。等級割引は、その人がいかに安全運転しているかの目安をもとに、保険料をお得にしてくれます。等級割引は基本的にどの保険会社でも共通していますが、通常は20段階の等級割引を22段階にしているところもあります。

等級割引の種類

等級割引には実は2つの種類があります。1つめはノンフリート等級割引で、こちらは車の所持台数が9台以下の場合です。そしてもう1つはフリート等級割引で、こちらは所有する自動車の数が10台以上の場合です。一般家庭では多くても1から2台の所有がほとんどなので、基本的にはノンフリート等級割引になります。ちなみにフリート等級とノンフリート等級の違いは、等級そのものや割引方法の違いです。10台以上車を所有することになった場合には、フリート等級割引になるということだけ覚えておきましょう。

等級割引は契約者を選ばない

等級割引は、基本的に契約者の年齢で左右されません。中には車の運転をする人の年齢を限定しているものもありますが、等級割引での等級は運転実績で判断します。若い人でも年配の人でも、等級割引で割引率を上げるためには安全運転を続けるしかありません。ただし等級割引とは別に、年齢が上がって無事故なら保険料が安くなるというサービスがあるので、年配の人のほうが等級割引以外の部分で得をすることができます。安全運転をしていれば、等級割引はしっかり結果に反映されるので、気をつけて運転するようにしましょう。

等級割引は保険料が高くなることがある

等級割引は、安全運転を続けることで保険料が安くなるサービスです。しかし何度も事故を起こしているような人は、等級割引で逆に保険料が高くなっていきます。等級割引は6等級からのスタートで、1年間無事故だと等級が上がり、それだけ割引されていきます。しかし6等級以下になると、保険料が割増しになります。等級割引でもっとも安くなるのは60%割引ですが、もっとも高いものは50%割増しになるのです。相対的に保険料が倍以上になるのも、等級割引の怖いところです。

等級割引は元に戻すほうが大変

等級割引の等級は、1段階あげるために1年間無事故で運転しなければいけません。しかし等級割引の等級を下げる場合は、事故を起こすだけですぐに下がります。交通事故をおこして保険を使用した場合、等級割引の等級は一気に3段階も下がってしまいます。それを取り戻すためには、3年間無事故で運転しなければなりません。等級割引は安全運転をしている人の味方ですが、それ以上に交通事故を防ぐための抑止にもなっているのです。等級割引でできるだけ得をできるように、常に安全運転を心がけるようにして下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.