過失割合とは?- 自動車保険の特約、割引、安いかけ方、選び方を知って自動車保険料金を節約しよう!-お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

過失割合とは?

- 自動車保険の特約、割引、安いかけ方、

選び方を知って自動車保険料金を節約しよう!-

イメージ

過失割合とは何か?

過失割合は、高越事故が起きた時のお互いの過失の度合いを割合で表すものです。過失割合は100%を基準にしていて、例えば70:30という形で表します。例えば過失割合が60%だった場合に損害額が1,000万円だと600万円の負担を負うことになります。過失割合は事故が起きた状況によって決まるものです。交通事故では交通弱者が守られることが多くありますが、過失割合があるおかげで公正に判断してもらえるのです。過失につながらない運転を心がけていれば、それだけ事故が起きにくくなることも覚えておいて下さい。

過失割合の基準

過失割合の基準は、自動車同士の場合や、歩行者が関係する事故、自動車とバイクでの事故など、それぞれのケースによって決められています。しかし過失割合の基準が、実際に起きた事故にピタリと一致することは少なく、実際には判例を参考にして過失割合が決められています。しかし過失割合の基準を知っておくことは、無駄なことではありません。どういう運転をしていると事故につながるのかが、過失割合の基準を知っていれば見えてくるからです。

過失割合と賠償金の関係

過失割合は、交通事故が起きた時に必ず出てくるものです。この過失割合がどうなるかは、賠償金額の決定に直接反映されるのです。任意保険では過失割合によって、賠償金の過失相殺が行われますが、自賠責保険では過失相殺は行われません。こういう事故だとこの過失割合という基準も、実際の状況では大きく変わってくるものです。もしかしたら過失割合が原因で、自分が思っていたよりも賠償金額が少なくなってしまうこともあるので、交通安全にはしっかりと気をつけて下さい。

過失割合と賠償金額は必ずしも一致しない

過失割合は直接賠償金額と関係してくるものですが、それが絶対というわけではありません。例えば自動車事故が起きた時に、過失割合が高くても損害額が大きければ、過失割合の大きい人の方が賠償金額は大きくなるのです。これによって、過失割合の低い人が過失割合の高い人に賠償金を支払うことも起きてしまいます。過失割合が低いのにお金を払わなければいけないことに、納得できない人もいるかもしれませんが、こういうケースもあるということは覚えておいて下さい。

過失割合は刑事処分にも影響する

過失割合がもっとも用いられるのは、賠償金額がいくらになるのかという時です。しかしそれ以外にも過失割合が判断の基準になるものがあります。交通事故を起こした時の罰金や付加点数が、過失割合によって変化することがあるのです。事故を起こしてしまったが、被害者側にも過失責任がある場合、加害者の負担が小さくなることがあるのです。過失割合にはこういう一面もあるのですが、以外と知っている人は多くありません。ただし事故の程度によっては、過失割合が基準にならないこともあるので覚えておきましょう。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.