対物賠償保険とは? - 自動車保険の特約、割引、安いかけ方、選び方を知って自動車保険料金を節約しよう!-お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

対物賠償保険とは? 

- 自動車保険の特約、割引、安いかけ方、

選び方を知って自動車保険料金を節約しよう!-

イメージ

対物賠償保険とは何か?

対物賠償保険は、自動車事故で他人のものを壊すなどの損害を与えた場合に、その賠償金を負担してくれる保険です。人が相手の場合は、自賠責保険や対人賠償保険がありますが、ものの場合は対物賠償保険でなければいけません。強制保険とも言われている自賠責保険なら、最低限対人補償はしてくれます。しかし対物賠償保険に加入していないから、多額の賠償金を支払うことになる場合もあります。
対物賠償保険はもの以外にも、営業損害になる場合も補償してくれます。自動車事故は誰かを傷つけるよりも、何かを壊すことのほうが圧倒的に多いものです。何かあった時のために、対物賠償保険に加入しておきましょう。

対物賠償保険の重要性

対物賠償保険は任意保険なので、必ず加入しなければいけない保険ではありません。しかし対物賠償保険は、事故が起きた時に必ず必要になる保険の1つです。歩行者を相手にした事故でも、歩行者の所有物に高額のものがあれば、そちらの賠償問題が起きます。そういう時に対物賠償保険に加入していれば、少なくとも補償金問題に頭を悩ませることはありません。自賠責保険で対物は対象外だからという理由だけでなく、こういう意味でも対物賠償保険は重要な保険なのです。対物賠償保険は、最低限加入しておく必要がある保険なのです。

対物賠償保険で支払われる内容

対物賠償保険で支払われる内容にはいくつかあります。事故相手の所有物や、建物・動物・道路標識やガードレールなどが、対物賠償保険の補償内容です。おそらく道路標識やガードレールのことは頭に無かったという人が多くいるでしょう。これらのものも、破損してしまった場合には賠償しなければいけません。対物賠償保険があるおかげで、多くのリスクを回避することができます。また対物賠償保険の対象として、休業損害があります。タクシーやバスと事故を起こしてしまった場合は、休業損害を賠償しなければいけません。そういう時にも、対物賠償保険が役立ってくれるのです

対物賠償保険は自分のものには支払われない

対物賠償保険で忘れてはいけないのが、契約者本人の所有物には適用されないということです。例えば車庫入れの時に失敗して破損してしまっても、対物賠償保険の適用外になります。この他にも、対物賠償保険では本人の家族なども対象外になるので、覚えておいて下さい。夫婦で別の自動車を持っていて、お互いの車で交通事故が起きても、対物賠償保険では補償してくれません。対物賠償保険はあくまでも他人の所有物を対象にした保険なのです。

対物賠償保険のおすすめ限度額

対物賠償保険の限度額は、それぞれのプランによって異なります。その中でも、対物賠償保険の限度額でおすすめなのはどれかというと、やはり「無制限」が一番です。対物賠償保険の補償幅は広く、さまざまな事態に対処することができます。所有物のみが対象でも、さまざまなものが重なることで、限度額を上回ってしまうことはよくあります。そういう時に対物賠償保険が無制限なら、それらの全てに対して賠償金を出すことができます。対物賠償保険は対人賠償保険と同じく、無制限を基本に考えるようにして下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.