車両免責金額とは?

車両免責金額とは?

車両免責金額とは何か

車両免責金額は事故にあった時の免責金額の上限まで自腹で払い、それを超えた分を保険会社に請求するものです。車両免責金額を高くすると保険料が安くなり、逆に車両免責金額を低くするか0にすることで保険料が高くなります。車両免責金額をどれくらいにするかで支払う保険料の額が変わってきますが、いざという時に損をしてしまうこともあります。車両免責金額についてむずかしく考えすぎる必要はありませんが、簡単に決めるよりも少し考えてみて下さい。

車両免責金額と保険料の関係

車両免責金額を高く設定すると保険料が安くなるのは、車両免責金額の分だけ保険会社の負担額が減るからです。例えば車両免責金額を15万円に設定している場合、30万の修理費用がかかった時に自己負担で15万円、保険会社の負担が15万円ということになります。車両免責金額に限った話ではありませんが、保険会社が抱えるリスクを減らすことが、保険料を安くすることにつながります。車両免責金額をどうするかは契約時に決めるものですが、途中から増額していく方式もあるので、どの方式が良いのかしっかり考えて下さい。

車両免責金額の種類

車両免責金額は、大きく2種類に分けることができます。車両免責金額の定額方式は、車両事故の回数や種類に関係なく、自己負担額を保険金から差し引く方式です。車両免責金額の増額方式は、2回目以降の事故が起きた時に、自己負担額が設定されるという方式です。事故を起こすと等級の関係で保険料が高くなります。しかし車両免責金額の増額方式なら、できるだけ保険料に影響を与えずに支払続けることができます。車両免責金額の定額方式なら、保険料が最初から安いというメリットがあり、どちらの方式が良いかは断言することができません。契約する時にどちらにするか、しっかり考えてみて下さい。

車両免責金額を負担しなくても良い場合

車両免責金額を負担しなくても良い場合があります。これは正確には車両免責金額を負担しないということではなく、事故を起こしても車両免責金額を相殺できるだけのお金が入るということです。交通事故は全てにおいて自分が負担するわけではありません。相手に過失がある場合、相手から回収できる保険金があるのです。この分を車両免責金額にあてることで、自己負担額を少なくすることができます。車両免責金額にはこのようなこともあるので、ゼロにすれば事故の時に必ずお得というわけではありません。

車両免責金額を高めにして保険料を安くする

車両免責金額は保険料を左右する重要な要素です。車両免責金額を上げることで保険料が安くなりますが、自己負担額は大きくなります。しかし自動車事故では相手の過失によって保険金が支払われるので、その分を自己負担額にあてれば車両免責金額をカバーすることもできます。車両免責金額をゼロにすると保険料が高くなるなら、最初から車両免責金額を高めに設定して保険料を安くするのも一つの手なのです。ただし、事故のタイプによっては逆に損をする可能性があることを、忘れないようにして下さい。

↑