車両保険とは?- 自動車保険の特約、割引、安いかけ方、選び方を知って自動車保険料金を節約しよう!-お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

車両保険とは?

- 自動車保険の特約、割引、安いかけ方、

選び方を知って自動車保険料金を節約しよう!-

イメージ

車両保険とはどういう保険か

車両保険は車が事故で損害を受けた場合に、車の修理代を補償してくれる自動車保険です。修理費用だけでなく、自力走行ができない時のレッカー代も車両保険でカバーしてもらえるのが特徴です。車両保険では事故だけでなく火災や台風などの災害や、盗難での損害も補償され、装備品も補償の対象になります。車両保険は対人保険や対物保険のように他人の被害を補償するものではなく、自分の車を補償する自動車保険です。修理費用がかかる自動車に乗っている人は、車両保険に加入しておくと良いでしょう。

車両保険の種類

車両保険にはいくつかの種類があります。一般的な車両保険は「一般車両保険」と呼ばれているもので、事故によって起きた物的損害を補償してくれるものです。故意ではない限りたいていの損害に対応してくれるのが特徴です。保険会社により名称はことなりますが、一般にエコノミーは一般車両保険よりも保険料が安価なかわりに、補償内容が限定されたものです。こちらは車同士の事故でのみ保険金が支払われるものです。これだけでは心配だという人には、エコノミーの車両保険にA特約をつけると、自損事故と当て逃げをのぞき一般的な車両保険と同じ条件になるので覚えておいて下さい。

車両保険を安くするためには

車両保険を安くするためにはいくつかの方法があります。これは使用する目的や使用者を限定することで、車両保険の保険料を安くするという方法です。車両保険には使用目的や運転者の年齢を限定するものの他に、新車割引やゴールド免許割引、安全装置割引や、走行距離割引などがあります。自分がどういう使い方をしているのかを考えれば、車両保険を割引するためにはどこを限定していけば良いのかがわかるはずです。効率良く車両保険に加入するためにも、しっかりと分析するようにして下さい。

車両保険の必要性

車両保険はいわゆる任意保険に分類されるもので、絶対に加入しなければいけないものではありません。車両保険はあくまでも自分が被った損害を補償するものなので、安全運転を心がけていれば、基本的に不要なものです。しかし事故は自分が気をつけていても起きるものです。そういう時に車両保険に加入してないせいで、大きく損をしてしまう可能性もあります。車両保険が必要かどうかは人によって異なるので断言することはできませんが、金銭的に余裕があれば加入しておいたほうが良いでしょう。車両保険は無理に加入するものではありませんが、いざという時のことを考えれば必要な保険なのです。

車両保険は損?

車両保険は使えば使うほど損をする保険と言われていることがあります。これはなぜかというと、車両保険を使うことにより車両料率クラスがダウンすることで、翌年からの保険料が上昇してしまうからです。これは車両保険の性質上どうしようもないことですが、これを気にしすぎて意地になってしまい、車両保険を使わないことが損につながることがあります。等級が下位の人ほど保険料の上昇は大きくなりますが、等級が上位の人なら損をすることはありません。一般的には10万円程度の修理費なら損はしないと言われているので、このことを目安に車両保険の使用を考えてみて下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.