搭乗者傷害保険とは? - 自動車保険の特約、割引、安いかけ方、選び方を知って自動車保険料金を節約しよう!-お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

搭乗者傷害保険とは?

 - 自動車保険の特約、割引、安いかけ方、

選び方を知って自動車保険料金を節約しよう!-

イメージ

搭乗者傷害保険とは何か?

搭乗者傷害保険とは、車に乗っていてケガをした人を対象にした保険です。このため搭乗者傷害保険は運転手だけでなく、助手席に乗っている人にも適用されます。搭乗者傷害保険のことを、同乗者を対象とした保険と勘違いしている人もいますが、搭乗者傷害保険は運転手もふくめて自動車に乗っている人のための保険です。ただし搭乗者傷害保険はしっかり申告しないと、支払われないことがある保険なので、この点は注意するようにして下さい。

搭乗者傷害保険の種類

搭乗者傷害保険には2つのタイプがあります。1つめは搭乗者傷害保険の日数払いで、入院した日数や通院日数に応じて支払われるものです。全て日数で判断するのでわかりやすいのですが、融通が利きにくいという点もあります。2つめは搭乗者傷害保険の部位・症状別払いです。こちらはケガの部位や日数によって金額が支払われるので、部位と症状が確定すれば保険金を請求できるというメリットがあります。どちらの搭乗者傷害保険も一長一短な特徴があるので、どちらが良いかは人によってさまざまです。ただし単純に金額面で考えるなら搭乗者傷害保険の日数払いのほうがわかりやすいかもしれませんね。

搭乗者傷害保険はしっかり申告しよう

搭乗者傷害保険は、保険会社によっては請求しないと支払われない可能性があります。搭乗者傷害保険自体は、自動車保険の中でもおまけのようにあつかわれていることが多いのです。そのため、自分が搭乗者傷害保険に加入しているのか気づいていないという人もいます。全てがそうだというわけではありませんが、中には搭乗者傷害保険を請求しないと支払ってくれないことがあるので気をつけて下さい。これは法律でも認められていることなので、搭乗者傷害保険に加入している場合は、その存在を忘れずにしっかり申告して下さい。

搭乗者傷害保険が支払われない場合

搭乗者傷害保険は、自動車に乗っている人がケガをした時に保険料が支払われるものです。しかし状況によっては搭乗者傷害保険が支払われないこともあります。搭乗者傷害保険が支払われない条件は、故意の事故、無免許・酒酔い・麻薬服用、自然災害での障害、戦争・暴動によって生じた障害などがあります。搭乗者傷害保険があれば大丈夫と安心するのではなく、搭乗者傷害保険のことは事前に確認するようにして下さい。もしもの時に支払われないことがわかっても、どうすることもできないからです。

搭乗者傷害保険は必要か?

搭乗者傷害保険は無理に加入する必要はありません。自動車保険の契約時に、搭乗者傷害保険を外してしまうこともできるようになりました。しかし実際にケガをした時には搭乗者傷害保険の補償はとても助かるものです。最初から必要無いと割りきっても良いですが、できれば搭乗者傷害保険は加入しておいたほうが良いでしょう。搭乗者傷害保険に限らず、何かあった時の備えは最低限用意しておくようにして下さい。事故が起こってからでは遅いのです。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.