レシチンって何?サプリメントや健康補助食品で効果的な栄養補助を !お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

レシチンって何?サプリメントや健康補助食品で効果的な栄養補助を !

イメージ

レシチンとは何か

レシチンとは、ギリシャ語で卵黄を意味するレシトースが名前の由来です。レシチンはリン脂質と呼ばれる脂質の一種で、水溶性と脂溶性のものを仲立ちする役割を持っています。レシチン自体は身体の中に豊富にふくまれていて、細胞膜・脳・神経組織・筋肉のまわりを形成している大切な成分です。レシチンが不足すると脳細胞に疲労物質がたまってしまい、ストレスや精神的な失調にもつながってしまいます。ストレスがたまりやすいという人は、レシチンを摂取すると効果的です。

レシチンの効果

レシチンはコレステロールが血管壁に付着するのを防ぐ効果があります。この他にもレシチンにはコレステロール自体を溶かす働きがあり、血管壁を強化する効果があります。このことからレシチンは、肝臓疾患の改善や動脈硬化、さらには高血圧を防ぐという効果もあるのです。そしてレシチンには脳内の情報伝達物質の合成に欠かせないものなので、レシチンを摂取することで、記憶力や集中力を高めて、認知症を予防するという効果もあるのです。

レシチンを摂取する時の注意点

レシチンは人間の身体の中にふくまれている物質で、通常の食材にもふくまれている成分です。基本的にレシチンには副作用がありませんが、レシチンを大量に摂取することで、下痢や腹痛などの症状が生じることもあるのです。レシチンは身体だけでなく脳にも効果がある成分ですが、ただやみくもに摂取すれば良いものではありません。1日の摂取量目安が決められているものでもありませんが、レシチンを摂取する時は身体に影響がない範囲に抑えるようにして下さい。

レシチンを豊富にふくんだ食品

レシチンが不足すると身体に対してさまざまな悪影響が出てしまいます。そうならないためにも、日頃からレシチンが豊富にふくまれた食品を積極的に食べるようにして下さい。レシチンを豊富にふくんだ食品には、卵黄、大豆、納豆、豆腐、ピーナッツなどがあります。大豆には大豆レシチンがふくまれているということから、レシチン摂取のためには最適な食べものとも言われています。普段からこういう食品を食べている人ならレシチン不足に悩まされることはありませんが、そうでないならメニューに入れてみてはいかがでしょうか。

レシチンのサプリメント

レシチンは身体に対して大きな効果をもつ有効成分です。レシチンを豊富にふくんだ食事をしていれば、レシチン不足になることはありませんが、好き嫌いがあるのでむずかしい人もいます。そういう人はレシチンをサプリメントで補うようにしましょう。脂溶性の栄養成分は身体に吸収されにくいという性質がありますが、そういう時にレシチンのサプリメントを飲んでいると、その成分が吸収されやすくなる効果があります。総合的な健康バランスのことも考えて、レシチンのサプリメントを飲むようにしましょう。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.