ブルーベリーって何?サプリメントや健康補助食品で効果的な栄養補助を !お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

ブルーベリーって何?サプリメントや健康補助食品で効果的な栄養補助を !

イメージ

ブルーベリーって何?

ブルーベリーの名前は、知らない人がいないというくらい有名な果実です。ブルーベリーをそのまま食べるだけでなく、ブルーベリージャムなどの加工品としても、多くの人に親しまれています。ブルーベリーには食用としてだけではなく、目に良いということでも注目されています。しかしブルーベリーが持つ効果はそれだけではありません。健康面でも大きな効果を発揮してくれるのです。現代人にとって、積極的に取りいれるべき果実の1つと言ってもよいでしょう。

ブルーベリーの成分

ブルーベリーにふくまれている成分で、もっとも有名なのはアントシアニンです。ブルーベリーのアントシアニンは、目の網膜に良いと言われており、これがブルーベリーが目に良いとされている理由です。ブルーベリーはアントシアニンの他にも、ビタミンAやビタミンEを豊富にふくんでおり、またポリフェノールも豊富にふくんでいます。抗酸化力という点で見ても、ブルーベリーはとても優秀な果物なのです。ブルーベリーは手に入れやすいものなので、積極的に取りいれるようにしましょう。

ブルーベリーは目に良い?

ブルーベリーが目に良いという話は、イギリス軍が高性能レーダーの存在を隠蔽するために流した嘘だという説があります。しかし実際にブルーベリーを食べ続けたおかげで、目が良くなったという例は沢山あります。
ブルーベリーが白内障に効果があったという例は多く、視力が向上したという話も少なくありません。眼精疲労にもブルーベリーは効果があるとされているので、真偽はともかくブルーベリーを食べ続けて損になることはないでしょう。

ブルーベリーが持つ効果

ブルーベリーが持つ効果は、目に対するものだけではありません。ブルーベリーが持つ抗酸化力は、果物や野菜の中でもトップクラスです。さらにはブルーベリーには、ガンや老化にともなう病気を引きおこす物質の、毒性を中和する、身体の機能を助けてくれます。
この他にもブルーベリーには、悪玉コレステロールの生成を軽減する機能があるとされています。ブルーベリーは栄養価が高いというだけでなく、このようにさまざまな症状に対して効果があるものなのです。

ブルーベリーの摂取量は

ブルーベリーが持つ効果は、食べてから4時間〜24時間の間にあらわれます。そしてそのためには1日に約40グラムものブルーベリーを食べる必要があります。生の果実でこれを実現させるのは、さすがにむずかしいものがあります。そういう時には、ブルーベリーのサプリメントを飲むようにすると良いでしょう。
サプリメントならブルーベリーの栄養成分を凝縮しているので、少ない量でもしっかり効果を実感することができます。ブルーベリー自体はさまざまな方法で取りいれることができますが、毎日の不足分をおぎなうならサプリメントがおすすめです。


 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.