キシリトールって何?サプリメントや健康補助食品で効果的な栄養補助を !

キシリトールって何?サプリメントや健康補助食品で効果的な栄養補助を !

キシリトールとは何か?

キシリトールは糖アルコールの1つで、主にシラカバやトウモロコシの芯を加工して作られる天然甘味料です。
キシリトールの甘さは糖アルコールの中でももっとも高く、砂糖と同じくらいと言われています。
さらにキシリトールは糖類ゼロで低カロリーということから、キシリトールは砂糖の代わりの代替甘味料として使われています。
この他にもキシリトールはインスリンに関係なく代謝するため、糖尿病の人でも安心して使える甘味料という性質があります。
糖尿病患者の点滴にも使われており、さまざまな場所で活躍しているのです。

キシリトールの効果

キシリトールの効果でもっとも有名なのは、虫歯対策効果です。これはキシリトールが持つ性質に原因があります。
虫歯菌(ミュータンス菌)がキシリトールを取りいれても、虫歯の原因になる酸が作られることはありません。ただしこれはキシリトールのみではなく糖アルコール全般が持つ性質です。
キシリトールはミュータンス菌の増殖を防ぎ、プラーク(歯垢)の量を減少させて、再石灰化を促進させる効果があります。
これこそが、キシリトールには虫歯対策効果があると言われる理由です。

キシリトールと虫歯の関係

キシリトールを摂取していれば虫歯を防ぐことができる。これは正解でもあり間違いでもあります。
虫歯菌(ミュータンス菌)がキシリトールを取りいれても、虫歯の原因になる酸は作られません。さらに虫歯菌(ミュータンス菌)自体はエサが無い状態なので、次第に死滅していきます。
キシリトールをとり続けることは虫歯対策になりますが、飲み物の回しのみやキスなどが原因で虫歯菌(ミュータンス菌)が再び入りこんでくる可能性があります。
またキシリトールがあっても、歯垢が多く残っていたら虫歯菌(ミュータンス菌)は活性化する可能性があります。
キシリトールだけを頼るのではなく、通常の虫歯予防もしっかりとするようにして下さい。

キシリトールの入った食べもの

キシリトールといえばガムや歯磨き粉が真っ先に思い浮かびますが、何もそれだけにキシリトールが配合されているわけではありません。
自然界にある野菜や植物の中には、キシリトールが大量に含まれているものがいくつもあります。
イエロープラムは乾燥時100gに対してキシリトールが935㎎も含まれており、イチゴやカリフラワーも300㎎以上含まれています。
この他にもナスやレタス、ホウレンソウなどにもキシリトールが含まれているので、積極的に食べていくと良いでしょう。

キシリトールの効果的なとり方

キシリトール入りのガムなどは、誰でも気軽にキシリトールを取りいれることができます。
しかし、ただやみくもにガムを噛んでいるだけでは、効率が良いとは言えません。
キシリトールを効果的にとるためには、1日3回食後に噛むだけでも十分です。
体質的に虫歯になりやすい人や、積極的に虫歯予防をしたい人なら、1日5回ほど噛めば効果が期待できます。
ちなみにガムを噛む場合には、味がなくなった後も5~10分ほど噛み続けると効果的です。
味がなくなってもキシリトールの成分自体は残っているので、この点も忘れないようにして下さい。

↑