海外旅行保険のかしこい選択と加入

海外旅行保険のかしこい選択と加入

海外旅行保険とは

海外旅行保険は、海外旅行先で病気やケガをしたり、ものを壊してしまったりした時の補償してくれます。
わざわざ海外旅行保険に加入しなくても、今まで入っていた保険でも問題ないのではと思う人もいますが、海外では日本の常識が通用しないことがあります。
国内なら健康保険に加入していれば、加入者本人の場合、医療費の7割が免除されますが、海外ではこれが適用されません。
海外旅行保険は、海外での死亡や後遺障害などにも有効です。
さらに海外旅行保険では盗難時の補償や、ホテルの物を壊した時も有効です。
短期間の海外旅行でも、何が起きるかはまったくわかりません。
海外旅行へ行くなら、海外旅行保険へ加入するようにしておくと安心できます。

海外旅行保険とクレジットカード

海外旅行保険はクレジットカードの付帯サービスに盛り込まれていることが多くあります。
わざわざ新規に海外旅行保険に加入しなくても、海外旅行保険が適用されるクレジットカードがあれば何とかなる場合があります。
海外旅行の頻度が多い人は、さまざまな場所で使えるクレジットカードを選ぶことがほとんどです。
クレジットカードの選び方としては間違っていませんが、海外旅行保険のサービスで比較するのも、賢い方法ではないでしょうか。
海外旅行保険には単品のものと、クレジットカードとセットのものがあります。
どちらが自分にとって得なのかも含めて、よく考えて選択するようにして下さい。

海外旅行保険のタイプ

海外旅行保険には大きくわけて2つのタイプがあります。
セット型の海外旅行保険は、旅行先で起こるかもしれないトラブルに対しての補償が組みあわされています。
バラ掛け型の海外旅行保険では、予算に合わせて必要な保障内容を選ぶことができます。
海外旅行保険は何かあった時のためのものなので、必ず活用されるものではありません。
海外旅行でお金を多めに使いたいというなら、海外旅行保険はバラ掛け型にして節約するという方法もあります。
安心をとるかお金をとるか、自分が納得できるタイプを選ぶようにして下さい。

海外旅行保険の契約方法

海外旅行保険の契約方法には、通販型とオンライン型があります。
本来なら海外旅行保険に変わりはありませんから、どちらの方法でも良いように見えます。
しかし海外旅行保険は、契約方法によって付帯できる特約が異なる場合があります。
海外旅行保険の契約方法が通販とオンライン型で、極端に内容が変わることはありませんが、この小さな部分で得をできることもあります。
これから海外旅行保険への加入を考えている人は、契約方法で違いが出るかどうかもふくめて、調べてみてはいかがでしょうか。

海外旅行保険は滞在期間に注意

海外旅行保険を選ぶ時は、海外にどれだけ滞在するのかが1つの基準になります。
短期滞在ならともかく、長期滞在の場合は、旅行先でアパートを借りるようなこともありますし、もしもそのような状態で問題を起こしたら、多額の賠償金を要求されることもあります。
こういう時に海外旅行保険で、長期用賠償責任の特約に加入していれば、賠償金額が補償されます。
ホテルなどで家財・携行品の盗難などがあった場合も、海外旅行保険の生活用動産特約に加入していれば補償されます。
さらに急用があって緊急一時帰国することになっても、特約加入で補償されます。
これらの特約に加入すれば、安心できる反面海外旅行保険料は高くなりますし、短期滞在でも、心配だからと特約に加入する人もいるのです。どちらが正しいということはありませんが、海外旅行保険を選択する時は、これらのようなことについても考えてみて下さい。

↑