地震保険のかしこい選択と加入

地震保険のかしこい選択と加入

地震保険のしくみ

地震保険は地震が起きた時に生じる事故を対象とした保険です。
地震保険の対象は建物や家財となっており、人に対しての保険ではありません。
建物や家財が火事により損害を受けた時、通常は火災保険により補償/保障されますが、地震が原因の火災では、地震保険でしか補償/保障されません。
地震保険は基本的に火災保険とセットとして扱われるため、単体での保険はありません。
このように地震保険にはさまざまな特徴がありますので、これから加入を考えている人は、まずこの特徴を覚えてから選択するようにして下さい。

地震保険の補償/保障額に注目

地震保険の補償/保障額には重大な落とし穴があります。
本来地震保険では、火災保険での保険金額の最大50%までしか補償されません。
地震保険に加入しているから、全て安心とは言いきることができないのです。
しかし保険会社によっては、コース次第で100%補償してくれる地震保険もあります。
保険料のことを考えると、通常の地震保険でも充分かもしれませんが、心配ならそちらの選択肢もあることを覚えておいて下さい。
地震はいつ起きるかわからないものです。もしかしたら保険に加入していても、地震による被害にあわずに終わることもあります。生活に無理がかからないレベルで、どういう保険にするのか考えるようにして下さい。

地震保険ではなく火災保険

地震保険には単品で加入できるものがありません。
基本的に火災保険のオプションとして、地震保険に加入するという形態になっています。
保険に加入するという意味では、地震保険から選ぶのではなく、火災保険としてどうなのかも考えなければいけません。
火災保険は不要だから地震保険だけに加入したいと考えても、それはできません。
地震保険に加入したいと思っている人は、まず火災保険があってこそということを忘れてはいけません。
保険内容を比較するためには、まず火災保険から目を向けて下さい。

地震保険と少額短期保険

地震保険は、基本的に火災保険とセットで加入するものです。
しかし調べていくと単品での地震保険と言えるものが見つかります。
これは少額短期保険業者が提供しているもので、一般的な地震保険とは異なります。
地震保険は建物と家財を対象とした保険ですが、少額短期保険では「生活を立て直すための費用」が補償されます。
加入条件なども決められており、地震保険には加入できても、こちらの保険には加入できないということもあります。
どちらが良いのかは断言できないので、まずはどちらが自分に適しているのかも含めて、しっかりと調べてから考えるようにして下さい。

地震保険のアドバイスを受ける

地震保険についてどうやって決めたら良いのかわからない時は、自分一人で考えずに、専門家のアドバイスを受けて下さい。
地震保険は、加入する対象や環境によって保険料が大きく変動します。
「よくわからないけどお得そうだから」とか、「有名な保険ブランドだから」という理由で加入しては、損をしてしまうことがあります。
地震保険は火災保険があってのものです。
地震保険と火災保険の両方をふくめて考えると、比較しなければいけない項目はたくさんあります。
自分だけでは心配だという人は、コンサルタントなどの専門家に相談して、地震保険を選んでみてはいかがでしょうか。

↑