火災・家財保険のかしこい選択と加入 - 補償/保障のほかにも気をつけよう -お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

火災・家財保険のかしこい選択と加入

- 補償/保障のほかにも気をつけよう -

イメージ

火災・家財保険を選択する前に

火災・家財保険は火事が起きた時だけの保険ではありません。
建物や家財など、住居の損害をトータルに補償してくれる保険ですので、どのような火災・家財保険に加入するのかは、総合的に考えなければいけません。
火災・家財保険の補償内容は重要なことですが、それ以外の部分にも目を向ける必要があります。
そもそも火災・家財保険は必要なのかというところから、火災・家財保険の他にどのような保険に加入するのかなど、基準はたくさんあります。
保険に加入することは重要ですが、保険料ばかりに振り回されないようにして下さい。

火災・家財保険の保険期間にご注意

火災・家財保険の保険期間は、一般に長ければ長いほど保険料が安くなります。
これだけですと火災・家財保険は長期契約をすれば良いように見えますが、いちがいにそうとも言えません。
火災・家財保険を長期契約すると、年数が経過することによって保険金額のほうが時価より高くなってしまいますし、契約期間中にリフォームを実施することもあるかもしれません。
保険料の支払いに無理がないなら、火災・家財保険は短期での見直しをしていくスタイルのほうがおすすめです。
あくまでもこれは一例ですので、どのような建物が対象なのかも含めて、火災・家財保険の保険期間を考えるようにして下さい。

火災・家財保険に追加するものは?

火災・家財保険には単体だけでなく、他に地震保険をつけることができます。
火災・家財保険以外の保険に加入するので、保険料がプラスされますが、より安心できるようになります。
火災も地震もいつ来るか予測できないものです。
さらに地震が原因で起きた火災には、火災・家財保険が適用されません。
家財の中に大事なものがあるなら、火災・家財保険だけでなく地震保険に加入しておけば安心できます。
さらに火災・家財保険では建物自体には保険が適用されません。
何を重要視するかはその人しだいなので、最適なものを選択できるように、しっかりと考えて下さい。

火災・家財保険の割引を確認

火災・家財保険には、建物の設備や契約形態によって割引が適用されます。
非喫煙者というだけでも、火災・家財保険の保険料が割引になる場合があります。
この他にも火災が起きづらいオール電化や、住宅用防災機器がある場合も、火災・家財保険は割引されます。
火災・家財保険契約時には気づかないものがあるかもしれませんが、こういうサービスを利用することで、火災・家財保険の保険料を節約できるのです。
契約単体での保険料で比較するのではなく、割引後の保険料を基準にすると、どこがお得なのかが変わってくるので注意して下さい。

火災・家財保険の見積もりを比較

火災・家財保険を選択する時には、できるだけ多くの保険会社の見積もりを比較・検討するようにして下さい。単に有名な保険ブランドだからとか、人気が高いからというだけの理由で火災・家財保険を選択してはいけません。
特殊な事情がある場合には、マイナーな火災・家財保険の方がお得な場合もあるのです。
火災・家財保険の見積もりをしてもらうだけなら、大きな手間はかかりません。
細かい条件を付けて調べていくと、火災・家財保険の勉強にもなります。
何が自分にとって最適なのかをふくめて、どの保険にするのか決めるようにして下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.