傷害保険のかしこい選択と加入 - 補償/保障のほかにも気をつけよう -お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

傷害保険のかしこい選択と加入

- 補償/保障のほかにも気をつけよう -

イメージ

傷害保険は本当に必要かを考える

傷害保険に加入していると、何かあった時に安心できます。しかし傷害保険への加入は必ずしも必要なことではありません。
傷害保険は、かつて医療保険・火災保険と並んで人気のあるものでした。しかし現在では、医療保険でも傷害保険の分野も保障してくれるものが増えてきました。
保険は加入者がいかに安心できるのかが重要です。
安心できるから加入するというのは間違いではありませんが、保険料の負担が家計を圧迫してしまうことがあってはいけません。
傷害保険への加入を考えているなら、自分に無理がない範囲で選ぶようにして下さい。

傷害保険のここに注意

傷害保険へ加入する理由は、人によってさまざまです。
万が一何かあった時に心配だという人もいれば、仕事上危ないことがたくさんあるから、傷害保険に加入しているという人もいます。
傷害保険の保険料は、危険度が高いことをしている人ほど高くなります。これは保険なら当たり前のことです。
もしも何かあった時のための傷害保険ですが、そういう人ほど保険料が高くなることを忘れないで下さい。
傷害保険は頼もしいものですが、その保険料負担が、生活の足を引っぱるようなことが起きないように注意して下さい。

傷害保険の種類

傷害保険にはさまざまな種類があります。当然その目的に応じて、最適な保険があります。
「有名な保険会社がやっているから大丈夫」という理由で加入する人も中にはいますが、傷害保険を選ぶ時はそこだけではなく、しっかりと契約内容にも注意して下さい。
ケガ全般を保障してくれる傷害総合保険、1契約で家族全員が被保険者になる家族傷害保険、19歳未満のみを対象としたこども総合保険など、さまざまな傷害保険があります。
自分の家族形態はどうなのか、生活においてどこに一番危険があるのかなどで、必要な傷害保険の種類が見えてきます。

傷害保険のアドバイスを受けよう

今まで傷害保険に加入したことがない人にとっては、どの傷害保険を選べば良いのかはむずかしい問題です。すでに傷害保険に加入している人にアドバイスを受けるのもよいですが、プロに相談してみるという選択肢もあります。
傷害保険の選択に迷った時には、ファイナンシャルプランナーに相談すると、適切な傷害保険を教えてくれます。
ファイナンシャルプランナーは保険会社とは独立したものなので、中立の意見で保険のことを教えてくれますので、自分だけで考えても答えが見つからないような時には、このようなサービスを利用すると、良いものが見つかるかもしれません。

傷害保険は目的をもって加入するもの!

傷害保険に加入しようとする理由はそれぞれですが、加入する目的をしっかりとさせて下さい。
危険な作業に従事する仕事をしていても、それはあくまでも仕事の間だけの話です。
このような時は、傷害保険に「就業中のみの危険担保特約」をつけると、保険料を最低限のものにできます。
趣味でスポーツをしているという人は、そのスポーツ限定の傷害保険にすればお得です。
ただ便利そうだからという理由で傷害保険を選んでも、支払う保険料が無駄になってしまう可能性があります。
傷害保険に加入するなら、目的をしっかりとさせて、無駄のない選択をするようにして下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.