学資保険(子供保険)のかしこい選択と加入 - 補償/保障のほかにも気をつけよう -お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

学資保険(子供保険)のかしこい選択と加入

- 補償/保障のほかにも気をつけよう -

イメージ

学資保険(子供保険)は本当に必要なのか

学資保険(子供保険)は子供の教育費を計画的に貯めるための保険です。
子供を育てるためにはとてもお金がかかります。その中で必要な時に必要な額を用意できるかは、誰にもわかりません。
学資保険(子供保険)はこういった点に不安がある人にとって、とても心強いものです。
しかし絶対に学資保険(子供保険)が必要なのかというと、そうではありません。
ただ他の人も利用しているからという理由で、学資保険(子供保険)に加入する必要性はありません。
学資保険(子供保険)にはどのようなメリットがあるのか、そこを納得してから加入するかどうか選択して下さい。

学資保険(子供保険)のタイプについて知ろう

学資保険(子供保険)には、保障型と貯蓄型の2つがあります。
貯蓄型の学資保険(子供保険)は、返戻率が100%を超える場合に、保険料よりも保険金が上回ることがあります。
ただし死亡保険金や育英年金は出ないという点があります。
保障型の学資保険(子供保険)は、契約者(親)に何かがあった場合、育英年金が満期までの間受けとることができます。ただしその分の保険料が上乗せされて、元本割れする可能性もあります。
学資保険(子供保険)としてどちらが良いのかは、その人によってさまざまです。
学資保険(子供保険)に加入する際に、どちらがより安心できるのかを考えて決めて下さい。

学資保険(子供保険)の満期時期について考えよう

学資保険(子供保険)に加入する時は、満期時期もとても重要な項目です。
一般的に学資保険(子供保険)では、高校入学時、大学進学時、社会人として自立する頃の年齢が設定されています。
それぞれの学資保険(子供保険)によって、全部から選択できる場合と、ある程度限定されている場合があります。その時の経済状態を今から予想するのはむずかしいかもしれませんが、学資保険(子供保険)を選ぶ時には満期時期をいつに設定するのかも考えて下さい。
子供がどのような進路に進むかは、子供自身がその時に決めることです。
どのタイミングなら学資保険(子供保険)が最大限効果を発揮するのかを、しっかり考えるようにして下さい。

学資保険(子供保険)を比較する時のチェック項目

学資保険(子供保険)にはさまざまな種類があります。
基本的な契約内容の部分でも、それぞれの業者によってさまざまな違いがあります。
それぞれの学資保険(子供保険)を比較する時には、以下の項目で比較してみるとわかりやすいと思います。
保障内容、満期時期、満期受取額、保険料、これらはそれぞれの学資保険(子供保険)の特徴が大きくあらわれます。この他にも、学資保険(子供保険)を提供している会社への信頼度も、学資保険(子供保険)を選択する時の選択基準の1つです。
ここが良いという口コミ情報に頼るのも良いと思いますが、まず自分が納得できるものを選ぶのが重要です。

学資保険(子供保険)は総合的に考えよう

学資保険(子供保険)の選択基準はいくつかありますが、どこが重要なのかと思うのは、その人によって違います。
学資保険(子供保険)の比較項目を1つ1つ見ていると、どうしてもその項目にだけ注目してしまいます。
保険料が安く済むというだけで選んだ学資保険(子供保険)は、受取金のことを考えると実は頼りないないと感じられることもあります。学資保険(子供保険)に限らず、保険全般にはこのような面があります。
全ての項目を比較して、総合的に一番良いと思える学資保険(子供保険)を選べるようにして下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.