転職情報支援  - デザイン/イラストのキャリアを活かして就職する -お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

転職情報支援

- デザイン/イラストのキャリアを活かして就職する -

イメージ

デザイン/イラストの仕事

デザイン/イラストの仕事は、一言では言い表せないくらいさまざまなものがあります。シンプルな挿絵程度の仕事から、広告代理店でのデザイン/イラスト作成などがあり、求められるものもさまざまです。
デザイン/イラストの経験があると言っても、自分にどのようなものが描けるのか把握していなければ、デザイン/イラストのキャリアを就職に活かすのは難しいものです。
まずは今までどのようなデザイン/イラストを描いてきたのか、ふり返ってみて下さい。


デザイン/イラストで自分ができることを再確認

デザイン/イラストの仕事をやってきて、まずは自分が何をできるのか再確認して下さい。
アナログで描くのか、それともデジタルで描くのかというだけでも、デザイン/イラストのキャリアはかなり変わってきます。
両方のデザイン/イラストができるなら問題ありませんが、その中でも得手不得手があります。デザイン/イラストのスキルは、そう単純なものではありません。
自分に何ができるのかは自分が一番知っていると言っても、デザイン/イラストでは実際にまとめてみないと見えない部分もたくさんあります。
まずは自分のことを再確認してみて下さい。

デザイン/イラストの経験をふり返る

デザイン/イラストのスキルとデザイン/イラストの経験は同じようなものに思えますが、何が描けるのかということと、何を描いてきたのかということは大きく異なります。
デザイン/イラストの経験は、言いかえればデザイン/イラストで今まで手がけてきた作品の経歴のようなものです。
自分で『描ける』と言っても、実績がなければ信用のしようがありません。今まで自分がどのようなデザイン/イラストを描いてきたのかを、しっかりとまとめて下さい。

デザイン/イラストから他の仕事への道

デザイン/イラストのキャリアは、さまざまな場所で応用が効くものです。
その時にあるデザイン/イラストのニーズしだいでは、すぐに仕事をはじめることができるのも大きな特徴です。
専門的にデザイン/イラストの勉強をしてきたなら、今まで描いたことがないようなジャンルでも応用できることがあります。
デザイン/イラスト専門の仕事ではなくても、実務の中でデザイン/イラストの腕前を求めているという仕事もたくさんあります。
今まで絵しか描いていなかったから自信がないという人も、思わぬところで仕事が見つかることがあるのです。

デザイン/イラストのキャリアを活かして就職

デザイン/イラストのキャリアを活かして就職するということは、決してむずかしいことではありません。
今何ができるのかということではなく、デザイン/イラストでどのような仕事をしてきたのかということが一番重要な問題です。
自分ではデザイン/イラストのキャリアに自信がなくても、採用担当者の目から見れば使い道があるということもあります。
デザイン/イラストの経験はデザイン/イラストでしか役に立たないと思いこまず、自分のやりたいものへチャレンジして下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.