転職情報支援  - インテリアコーディネートのキャリアを活かして就職する -お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

転職情報支援

- インテリアコーディネートのキャリアを活かして就職する -

イメージ

インテリアコーディネートの仕事

インテリアコーディネートの仕事は、快適な住宅空間の提供を手助けする仕事です。
ただセンスがあればインテリアコーディネートの仕事ができるわけではありません。インテリアコーディネートに求められる能力にはさまざまなものがあります。
今までインテリアコーディネートの仕事1本で働いてきたので、他に応用が効くのか心配している人も多くいますが、実際に他の仕事をしてみるとインテリアコーディネートをしていて良かったという人が数多くいます。

インテリアコーディネートという仕事で身につくスキル

インテリアコーディネートという仕事で身につくスキルとして最初にあげられるのは、家具に関する知識です。
どういう機能があるのか、どう組みあわせれば見栄えが良くなるのか、これはインテリアコーディネートの仕事をするなら必須のスキルです。
インテリアコーディネートに求められるのは、知識だけではありません。自分が提案するビジョンを正確に伝える能力も必要です。
交渉力や協調性もインテリアコーディネートに欠かせないスキルです。相手に納得させる、時にはこちらが折れるということもインテリアコーディネートの仕事では必要です。
これらの経験は、コミュニケーション能力の成長に大きく貢献してくれます。

インテリアコーディネートの道から何がやりたいのか

インテリアコーディネートとして働いてきた自分が、インテリアコーディネート以外の仕事をやりたいと考える時には何か理由があります。
複雑な事情があることや、とてもシンプルな理由だという場合もあります。
考えはまとまっていると思っても、実際に書いてみると違ったものが見えてくることもあります。インテリアコーディネートの仕事を続けるべきか、そうでないかもう一度考えてみて下さい。
インテリアコーディネート以外の仕事がやりたいなら、それを明確化することで志望理由が書きやすくなるメリットがあります。
インテリアコーディネートとして身につけたもの、そして得たものもふくめて色々と考えてみて下さい。

インテリアコーディネート経験から何を得たのか

インテリアコーディネートの仕事で自分は何を得たのか、これは絶対に把握していなければならないことです。
今までインテリアコーディネートの仕事をしてきて身につけたもの、それがこれから自分のやりたい仕事にどう役に立つのかは、就職活動でもっとも重要なことの1つです。
インテリアコーディネートとしてどれだけの期間働いてきたのかは、その人しだいです。しかしインテリアコーディネートとして働いてきたことは、他に代えがたい貴重な経験です。
新しい仕事のことを考える前に、インテリアコーディネート経験者としての自分について考えてみて下さい。


インテリアコーディネートのキャリアを活かす

インテリアコーディネートのキャリアを活かすといっても、家具関連の仕事しか道がないというわけではありません。
インテリアコーディネートでつちかった交渉力や提案力を、自分のやりたいことに注ぎこむということもできます。
自分にできることは、見方を変えればさまざまな可能性が秘められていることがわかります。インテリアコーディネートという言葉にとらわれて、その可能性をせばめることは避けて下さい。
インテリアコーディネートの仕事は華やかな印象とは違い、実際にはとてもハードなものです。だからこそインテリアコーディネートでのキャリアは、他の仕事をする場合でも貴重な糧となってくれるのです。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.