転職情報支援

転職情報支援

調理師にできること

調理師はその名の通り、料理を作るのが仕事です。しかしただ料理を作れば良いというわけではありません。
調理師は時として自分なりに料理を考案し、顧客もしくは雇い主のニーズを満たすことができなければいけません。
しかし調理師の仕事はどこまで行っても料理を作る人間ということです。調理師のキャリアを活かして就職するなら、どのような仕事があるのかを確認して下さい。
調理師のキャリアは料理の腕前です。自分が今まで積みかさねてきたものを発揮するためには何が必要なのか、それを認識することが必要です。

調理師としてどのようなスキルがあるのか

調理師といってもどんな料理でも作れるというわけではありません。調理師免許を持っている以上素人よりも技術力があるのは確かですが、その中でも得手不得手があります。
自分には調理師としてどのようなスキルがあるのか、これは今後就職する時に重要な要素です。
例えば病院などで働く場合、栄養学に基づいてメニューを考えられる能力が求められます。
ただ美味しい料理を作るだけが調理師の仕事ではありません。要求されたものにどれだけ応えられるかも、調理師にとって必要なスキルです。

調理師経験から学んだこと

調理師経験はさまざまなことをもたらしてくれます。調理場における衛生管理の知識も調理師に求められるものの1つです。
自分が得意とするジャンルによっては、料理の勉強のために海外に行くということもあります。
このように調理師としての経験は料理を作るだけではなく、料理以外の部分でも成長できるものがあります。
調理師から転職する時にどのような仕事を求めるのかは人それぞれです。しかし調理師経験は必ずどこかで糧になっているのです。

調理師以外の道を選ぶなら

調理師から転職をする時に自分はいったい何をしたいのか。これは必ず明確化しておいて下さい。自分が何をしたいのかがあいまいな状態では、調理師からの転職はできません。
調理師経験はとても貴重なものです。調理師とは全く関係ない職業を選んだ時には、多くの人にもったいないと言われるほどです。
長い時間をかけて身につけた調理師としての能力は、無駄にして良いものではありません。しかしどうしてもそれができないのなら、それまでの経験の中から自分に活かせるようなアピールポイントを見つけて下さい。
採用担当者が求めているのは、そういう答えです。

調理師のキャリアを活かして就職

調理師のキャリアを活かして就職するのなら、やはり次の職場も料理に関わるものがほとんどです。
調理師免許を持っていれば、料理に関する職場は身近なものになります。雇われの調理師から独立して店を開くという選択肢もあります。
自分が今まで調理師として何をしてきたのか、そしてこれから何をしたいのかを明確にして、後悔のないようにして下さい。
調理師のキャリアは無駄なものではありません。それをどう活かしていくかは全て自分しだいです。

↑