転職情報支援  - 店舗開発のキャリアを活かして就職する -お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

転職情報支援 

- 店舗開発のキャリアを活かして就職する -

イメージ

店舗開発の仕事を再確認

店舗開発は出店計画の立案から実際の出店まで幅広い業務です。
どこに出店するのか、そのために最適な土地物件はあるのか、さらにその周辺のマーケティング調査など、店舗開発の業務はさまざまです。
この他にも店舗の外装や内装交渉に、施工業者への委託など店舗開発の仕事は店舗を出店するまでの全ての業務を行います。
店舗開発の仕事はさまざまなものがありますが全てを担当するのではなく、不動産関連業務と企画関連業務にわかれます。店舗開発でどのような仕事をしてきたのかによって、そのキャリアも大きく変わってくるのです。

店舗開発で得たスキルの再確認

店舗開発の仕事で自分はどのようなスキルを得たのかは、就職活動において重要なものです。
ただ店舗開発の仕事をしてきたというのではなく、店舗開発で何を得たのかをしっかりと再確認して下さい。
店舗開発のキャリアを活かして就職するということは、これまで店舗開発の仕事で得たものを活かす仕事に就くということです。不動産に関する知識でも、企画部分に関するスキルでも、それを活かすことができるかは自分しだいです。自分にできることをしっかりと把握して、採用担当者にアピールすることが重要です。

店舗開発の経験から得たものは

店舗開発で自分はどのような経験をしたのかは、採用担当者にとってもっとも気になるものの1つです。
店舗開発という仕事がどのようなものかは、少し調べればわかることです。ですがそこから何を得るのかは人によってさまざまです。
ただ店舗開発の仕事をしてきたというだけでなく、店舗開発の仕事が自分にどのような影響を与えたのかも含めてふり返ってみて下さい。
自分自身のことは自分が一番わかっていると言っても、当たり前だと思いこんで気づかないものもたくさんあります。
そういう所からこそ、大きなものが見つかることもあるのです。

店舗開発の仕事から何の仕事をするのか

店舗開発の仕事をしてきた自分をふり返り、自分に何ができるのか、そしてどのような経験をしてきたのかは、店舗開発のキャリアを再確認する作業です。
しかしそこでわかったことが、今後の自分にとってどうなのかがわからないと意味はありません。
店舗開発の仕事から自分はどのような仕事に就き、何をしたいのかしっかりとまとめて下さい。こうすることで店舗開発のキャリアを活かすという言葉に現実味が出てきます。
店舗開発をしてきた自分のことを知り、それをどう活かしていくのか、そこまで考えれば答えは出てきます。


店舗開発のキャリアを活かして就職する

店舗開発のキャリアを活かして就職することは、むずかしいことではありません。ですが簡単にできるものでもありません。
店舗開発の経験があるならと採用してくれるような所はないのです。自分のことを知り、それを正確に相手に伝えることが重要です。
店舗開発のキャリアはとても貴重なものですが、それが採用担当者に通じるかどうかは自分しだいです。そのことを踏まえてしっかりと考えて下さい。
就職するために必要なことは、店舗開発経験者であってもそうでなくても大きな違いはありません。
店舗開発のキャリアで得た経験を活かして、自分の希望する仕事ができるように努力して下さい。


 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.