転職情報支援  - バイヤーのキャリアを活かして就職する -お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

転職情報支援

- バイヤーのキャリアを活かして就職する -

イメージ

バイヤーとはどのような仕事なのか

バイヤーの仕事をしてきたなら、バイヤーがどのような仕事なのかは誰にでも説明することができます。しかし主観的なものではなく、客観的に見ると違ったものが見えてきます。
バイヤーの仕事から別な仕事へと転職を考えているのなら、自分がバイヤーとしてどのような経験をしてきたのか、それによって何を身につけたのを把握して下さい。
自分ではバイヤーの仕事をわかっていても、それが採用担当者にとってわからなければ意味はありません。

バイヤーとして何をしてきたのか

バイヤーの仕事は、百貨店やスーパーなどでの品揃えをするものです。顧客が何を求めているのかを読み、少しでも売上に貢献するのが主な仕事です。
バイヤーは常に先を見据える目が必要になります。自分はバイヤーとしてどれだけ貢献することができたのかは、自分にどれだけその能力があるのかということになります。
自分が今までバイヤーとしてどれだけ仕事をしてきたのか、それはどのような意味があったのかを再確認して下さい。
バイヤーの仕事で身につけたものは、必ずどこかで役立つものです。

バイヤーの仕事で身につけてきたスキル

バイヤーになるためには特に資格が必要というものではありません。バイヤーとしての能力を証明するのは、どれだけ仕事ができたのかだけです。
流行を読んで次に何が来るのかを予想し、それを満足できる量揃えるのがバイヤーの仕事です。それを成すためにはさまざまなスキルが必要です。
バイヤーとして働いてきた中で身につけたスキルは、他の仕事では身につかないようなものがたくさんあります。
財務データを分析して判断するなど、バイヤーに求められるスキルはさまざまです。自分がどれだけのスキルを身につけてきたのか、しっかりと確認して下さい。

バイヤー経験を客観的に分析

バイヤーとして経験してきたことは、決して無駄なものではありません。
商品を開発するポジションに回ったとしても、バイヤーとしての経験から次に作るものを考える時に大きな力になります。
バイヤーの仕事をしてきたから、同じような仕事しかできないということはありません。バイヤー経験で得たものを客観的に分析して、自分が望む職業でどのように活かせるのかを考えて下さい。
ある程度の能力と経験が無いとできない職業だけに、求められるものは大きいのがバイヤーです。
その経験を無駄にしないためにも、今まで自分が経験してきたことはしっかりとまとめて下さい。


バイヤーのキャリアを活かして就職

バイヤーのキャリアを活かして就職する場合の道は、自分が思っているよりもたくさんあります。
ただバイヤーのキャリアがあるからできるということではなく、そこからさらにプラスアルファの要素が必要ですが、バイヤーのキャリアは自分にとってとても大きなものです。
総合的な能力が必要とされる仕事なだけに、バイヤーからの転職は多くの職種で有効です。
自分にできることは何なのか、自分が目指すものはなんなのか、そのために必要なのは何なのかを考えて下さい。
バイヤーのキャリアを活かして就職するというのは、そういうことです。

 

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.