転職情報支援  - コールセンターのキャリアを活かして就職する -お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

転職情報支援

- コールセンターのキャリアを活かして就職する -

イメージ

コールセンターでの経験と向かいあう

コールセンターでの仕事から転職すると決めた背景に、どういったものがあるのかは人それぞれです。新しいことをしたいからという理由だけでなく、コールセンターの仕事が嫌になったからという人もいます。
コールセンターで得た経験は必ず力になっています。それが良い経験であったのか悪い経験であったのかは別で、コールセンター業務が自分に与えた影響はどのようなものがあるのかを確認してください。
コールセンターでの仕事内容を確認して、次の仕事に活かせるようにまとめてみて下さい。

コールセンターで得られる能力

コールセンターで得られる経験にはさまざまなものがあります。どのようなコールセンターにいたのかでその能力にも差がでてきますが、会話能力は格段に向上します。
コールセンターは自分の口で話すことが全てです。知識も必要ですが、それはマニュアルがあれば後付けできる部分なので重要性は低いと見て良いでしょう。
コールセンター経験がある人は就職する前に比べて確実に会話能力が向上しています。
人と接する時に会話力が高いということはさまざまなメリットがあり、その重要な力が身についているのです。

コールセンターでつちかわれた話術

コールセンターは本来業務の内容のみを会話するものですが、仕事をする時に絶対にそれだけしかないということはありません。コールセンターでは問題のある客との会話をすることもあり、その会話をスムーズに終わらせる能力も必要です。
突発的な事態にも冷静に態度を崩すことなく、しっかりと対応できる能力がコールセンターでつちかわれます。コールセンターでは話すことだけが全てです。会話のみで直面した問題を全て片付けなければいけません。そういった状況で頑張ってきたコールセンター経験は、必ず自分の力になっています。

コールセンターで得られる状況判断能力

コールセンターではいかに迅速に対応できるかが、大きな評価対象です。問題が発生しても、原因を確認して迅速に先方に伝えなければいけません。
これはコールセンターだけでなく、仕事をするなら誰もが絶対に心がけなければいけません。相手との通話のみという限られた情報を使って、いかに問題を解決するのかがコールセンターには求められています。
こちらから電話をするのか、それとも受けるのかによって変わってくる問題ですが、コールセンターで働いたことがある人なら、その重要性が特にわかるはずです。
コールセンターでの経験は、必ずどこかで力になっているのです。

コールセンターで得たことを最大限に活用

コールセンター得た経験は、決して無駄なものではありません。コールセンターで働いたからこそと言えるくらいのメリットになるものもたくさんあります。
コールセンター業務からの転職で一番簡単なのは接客業です。勝手が違うところもあるので、絶対に安心できるというものではありませんが、仕事の方向性がコールセンターと似ています。
コールセンター業務の経験が活かせる仕事はこれだけではありません。大事なのは自分が何をしたいかということです。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.