着物の着付け

ミックスジュースの作り方・レシピ

着物の着付け

一言に着物の着付けと言っても、着物にはさまざまな種類があります。そして着物によって着付けの仕方が微妙に違う場合もあるので、気をつけましょう。
最近では、結婚式やパーティ、お茶会、成人式など特別な日に着物を着る機会が多くなっていますが、洋服にもTPOがあるように、それぞれの目的や場所にふさわしい着物を選ぶことが大切です。そこで、着ていく場所や用途が違う9種類の着物を紹介します。

◆黒留袖 五つ紋がついたミセスの第一礼装で、結婚式で親族や仲人がこの着物を着用します
◆色留袖 結婚式や式典、パーティに着用します。ミスもミセスも着用できる黒留袖とほぼ同格の礼装です。
◆振袖 若い女性の晴れの日を彩る、未婚女性の第一礼装で成人式、謝恩会、披露宴などに着用します。
◆訪問着 肩、そで、すそに絵羽模様が入ったミセスもミスも着られる準礼装。披露宴、年賀、パーティなどでこの着物を着用します。
◆付け下げ 訪問着を簡略化して生まれた気軽に着られる社交着。披露宴、年賀、観劇などに着用します。
◆色無地 色と地紋を選べば慶事にも使える、最初の一枚に最適な準礼装。お茶会、子供の入学式などに着用。
◆喪服 弔事の第一礼装は小物まで全てツヤ消しの黒で揃えるのが礼儀です。通夜、告別式、三回忌などに着用します。
◆小紋 ちょっとしたお出かけに、気軽に着るおしゃれな街着。外出、パーティ、観劇などに着用します。
◆紬 全国各地で生産される、個性豊かな実用的な普段着の着物です。普段着、気軽なパーティなどに着用します。

着物の着付けの準備

着物の着付けには準備が必要です。まずは、着物の着付けに必要なものがそろっているか確認します。着物を着る当日にあわてることのないように、前日までに着つけに必要なものがそろっているか確認しましょう。
着物と帯のコーディネートはもちろん、袖からチラリと見える長襦袢やさまざまな小物、バグや草履、との相性も大切です。時間をかけてこれら着付けに必要なものをしっかり選んでおきましょう。
次に補正用のタオルを用意します。着物を美しくまとい、着崩れを防止するために、長襦袢を着る前に補正をします。補正は、タオルを腰ひもで留めるだけでもかまいませんが、補正用のタオルを作っておけば、より簡単に補正ができて便利です。
次に長襦袢に半襟をつけておきます。半襟は着物が汚れないように長襦袢に縫いつけておくものですが、襟元を引き締めるアクセントとしても必要です。三河芯と一緒に半襟を縫い付ける方法のほかに、半襟だけ先につけてプラスチック芯を差し込む場合もあります。
次に着物に風通しをしておきましょう。着物を着る前日には、ハンガーにかけて風通しをしておきます。
たたみじわができている場合は、軽くアイロンをかけておきましょう。ただし、あまり長時間ハンガーにかけておくと、着物の形が崩れてしまいますので、1~2時間風を通したらもう一度着物をたたんでおきましょう。めんどうかと思いますが、着物を大切にするためには必要なことです。

着物(訪問着)の着付け

着物によって着付けの仕方が微妙に違う場合があります。訪問着の着物の着付けを紹介してみましょう。
長襦袢の衣紋を普段着より少し多めにとっておきましょう。長襦袢を着たら、着物を後ろからはおり、長襦袢のたもとを持ちながら手を通します。正面で共襟を合せて持ちます。これで背中心が合います。背中心で、半襟が着物から出ないように5ミリぐらい控えて襟留めで留めておく。両襟先から10センチくらい上を持ち、きものをいったん持ち上げます。ゆっくりと下げながら、すその長さを決めます。すそ線は腰ひもを締めると少しあがるので、床より1cmほど長めにしておきます。長さが決まったら着物を前に引いて腰につけ、上前幅を決めます。普段着より少し多めに、体を包むぐらいの位置に右脇を決めます。上前がズレないように下前を腰につけながら、つまは12センチぐらい上げます。上前を合わせたら、6センチぐらい上げます。腰ひもを結びます。下前、上前のすその長さを確認します。すそ線が変わらないように、腰のあたりを手で押さえ、腰ひも周りのたるみをとります。身八つ口から手を入れ、後ろおはしょりを整えます。前のおはしょりも軽く整えます。半襟を1,5cmぐらいだし、襟を整えます。下前がかさばらないように、胸下で斜めに折り上げます。脇で上前のおはしょりと合わせます。腰ひもを結び、先ほどと同じようにたるみをとります。おくみ線の上下を通し、おはしょりの布目も通します。おはしょりがまっすぐになるように、左胸下あたりでダーツをとります。くずれないように伊達締めを絞めます。

↑