子供の保険について学資保険、子供保険について これ見りゃばっちり!!
saicoro Produce by saicoro Site update contents

子供の保険

子供の保険 保険の種類

子供保険には大きく3つのタイプがあります。1つ目は学資(教育資金)に重点をおいた学資保険。
2つ目は親に万が一ことがあった場合に子どもの生活費や教育費やケガや病気の医療を保証に重点をおいた子供保険。3つ目は上記の2つの学資保険と子供保険をあわせた保険。
になります。そしてそれらの子供保険や学資保険は保険会社各社がいろいろと特徴を出した商品をそろえています。

子供の保険 学資保険と医療保険(子供保険)

学資保険ではかんぽ学資保険として郵便局が取り扱っている学資保険が有名ですが最近ではそれ以外の保険会社からも学資保険がでています。
満期返戻金が元金割れをしない、つまり、払い込んだお金よりも多くもどってくるタイプや、返戻金は元金よりも多くもどってはこないがそれ以外の保障や支払いの条件がよくなったり、お祝い金は払われる時期が異なる学資保険もありますので、学資保険に加入する場合は郵便局(かんぽ)やソニー生命、アリコ、アフラックなどの保険会社が出している学資保険の比較検討を十分に行った方がいいと思います。

医療や入院を重視した子供保険では、入院特約を受け取るために必要な日数や、通算日数、給付金額を十分に確認すること、また、親の保険の子供特約だけでは間に合わないのかなども検討する必要があると思いますので子供保険も日本生命(ニッセイ)や、JA(農協)、AIUなどの保険会社を比較検討する必要があると思います。

そして、これらを併せ持った保険なども比較検討してみて、自分達に一番合った学資保険や子供保険を選ぶのがいいと思います。

これら学資保険や子供保険は、子どもの将来のことを考えたら加入しておいた方が安心するのはもちろんですが、子どものためだけにではなく、自分達(両親)に万が一のことがあった場合でも子供の生活費や学資(教育費)を保障してくれるわけですから、安心して子育てに専念できるようになるのではないでしょうか?

子供の保険 学資保険の最適な加入時期

学資保険(こども保険)に加入すると決めた場合は、できるだけ早く加入したほうがお得です。
早く加入すればするほど、月々の保険料の支払額が少なくて済むので毎月の負担が軽くなりますし、返戻率も高くなります。いまでは子供が産まれる前から加入できる学資保険(こども保険)もありますし、現に学資保険加入者のうち、「0歳のうちに加入している割合がもっとも高くなっています。」
ですので子供が産まれてからではなく、産まれる前から学資保険に加入するのか?を検討し、子供の将来について考えたいものです。

子供の保険 子供保険の見直し

子供保険には、将来の教育費確保の為に貯蓄性を重視した学資保険があります。
学資保険は数ある保険の中でも比較し易い保険と言えます。ですが、最近では続々と新しい保険が発売されている事から、現在加入している子供保険、学資保険の見直しをしてみる事も大切だと言えます。例えば現在育英年金保障や入院保障を付加している場合、契約者(親)が加入している別の保険と保障内容が重複していないかも。見直しをする際の比較の対象と言えるでしょう。仮に子供保険、学資保険に育英年金保障や入院保障を特約として付加した場合、満期時に給付される満期金が元本割れしていないかどうかも大切な比較の対象となります。自身で判断しきれない時は、ファイナンシャルプランナーを活用し、第三者であるプロの目で比較してもらう事も、見直しの1つの方法と言えるでしょう

Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.