転職情報支援  -経営企画のキャリアを活かして就職する-お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

転職情報支援

-経営企画のキャリアを活かして就職する-

イメージ

経営企画からの転職を考える前に

経営企画の仕事から別の職へと転職する時には、自分がどのような経験をして何を学んだのか、経営企画経験によって何ができるようになったのかを再確認して下さい。
自分のできることは自分がわかっていると主張しても、詳しくまとめ直すと新しい発見があります。経営企画としての自分を分析し、自分を雇用することでどのようなメリットがあるのかを考えて下さい。
経営企画の仕事に対してどのようにとり組んできたのか、その結果何を得たのか、自分をアピールするためには最低限これくらいはできなければいけません。
経営企画という仕事をしてきた自分に、どれだけの価値があるのか再確認して下さい。


経営企画で得たスキルを再確認

経営企画は会社内でのブレインという立場にあります。総責任者は社長ですが、社長の補佐をするポジションです。経営企画はさまざまなことに対応できるように、豊富な社会知識と分析・計画立案能力が求められます。
ある程度経営企画として働いてきた人間には、これらのスキルが身についています。それこそが経営企画キャリアで得た貴重な財産です。
経営企画を経験することで自分がどのような能力を得たのか、そしてそれを今後どう活用していくことができるのかを考えて下さい。

経営企画経験を他で活かすために

経営企画で得たスキルはただ持っていても意味がありません。それをいかに効果的に活用できるかもふくめてのスキルです。
経営企画でつちかわれる能力は、その会社がとりあつかう業務によって変わります。どの分野での経営企画に強いのか、それを自分が志望する職種で活かすことができるのか、そこまでできてこそ経営企画経験を他で活かすということです。
経営企画の仕事をしてきた人間なら、これくらいのことは簡単にできるはずです。基本的なことですが、しっかりと考えてみて下さい。

経営企画のキャリアを効果的にアピールしよう

経営企画として自分が身につけてきた能力は、必ずどこかで役立つ時が来ます。しかしそれを知ってもらわなければ意味がありません。
自分は経営企画でこのようなことをしてきた、経営企画でこのようなことを身につけたということはしっかりとアピールしなければ誰も気づいてくれません。
就職活動は自分を売りこむためのものです。経営企画というよりは営業に近い活動です。過剰にアピールすることはマイナスになりますが、そのためのプランを考えるのもまた経営企画の経験が活きてくるはずです。

経営企画のキャリアを活かして就職

経営企画という仕事は、ある程度大きな企業で成立するものです。そのため会社によっては経営企画の仕事は社長が全て担当しています。しかし経営企画のキャリアを活かすということは、再び経営企画として仕事をするというわけではありません。
経営企画のキャリアを活かすことができる仕事はたくさんあります。企画立案はいかなる時にも重宝されるからです。その企業でのプロジェクトから、社内改革まで活躍の場はたくさんあります。
能力を持っていても活かすことができなければ意味はありません。そのことを踏まえて自分のキャリア・スキルと向かいあって下さい。ぜひ、いい転職を実現させて下さい!

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.