乾燥肌の予防と対策、そのスキンケアのお役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

乾燥肌の予防と対策、そのスキンケア

イメージ

乾燥肌になる原因

乾燥肌の苦しみは、実際にその症状が出ている人でなければわかりません。では乾燥肌は何が原因で起きてしまうのでしょうか。
乾燥肌になる原因は、先天的なものと後天的なものがあります。先天的なものの場合は遺伝による所が大きいですが、後天的なものなら注意していれば予防することが可能です。
今まで乾燥肌ではなかったが、いつの間にか乾燥肌になっていたという人は、何がいけなかったのかを確認しましょう。
後天的な乾燥肌は、加齢が原因となっている場合と、洗剤で肌が傷むことが原因の場合があります。乾燥肌の予防対策を覚えておき、常日頃から気をつけていきましょう。

乾燥肌とかゆみ

乾燥肌が嫌われる原因の一つに、かゆみがあります。このかゆみは乾燥肌のせいで皮脂膜が無くなり、刺激に対してとても弱くなっているのが原因です。
乾燥肌のかゆみに負けて、ついかいてしまう人もいますが、これは絶対にやってはいけません。肌をかくということは、その部分にダメージを与えていることになります。
ただでさえ乾燥肌で弱くなっている皮膚が、かくことによりさらに弱くなります。これによって刺激もの質が入りこみ、新たなかゆみを生むのです。
乾燥肌でかゆみに我慢できないという時は、冷やしてみるとかゆみが治まることがあります。症状のある方は一度試してみましょう。

乾燥肌とアトピー

乾燥肌の症状と、アトピー性皮膚炎を間違えてしまう人がよくいます。知識が無いと間違えやすいものですが、治療方法は全く異なるので注意しましょう。
よくある間違いは、アトピーを乾燥肌と勘違いしてしまい、乾燥肌用の塗り薬を使ってしまうというものです。これにより、アトピーの症状がさらにひどくなるということもあります。
乾燥肌とアトピーは見分けにくいものです。自分で決めつけず、何か問題が見つかった時は医師に相談するようにしましょう。乾燥肌でもアトピーでも、それに応じた適切な対処が必要なのです。

乾燥肌の予防法

乾燥肌の予防法は、とてもシンプルなものです。それは「肌を乾燥させない」ということです。単純なようですが、これが乾燥肌を予防する最も効果的な方法です。
冬場の寒い日などにはつい暖房を強くしたくなりますが、これにより部屋の空気が乾燥してしまい、乾燥肌の原因となることもあります。洗剤などを使いすぎるのも厳禁です。肌への刺激が強すぎると、これもまた乾燥肌の原因になってしまいます。
乾燥肌の予防法は、言われてみれば簡単なことばかりです。乾燥肌になってから対処するのではなく、乾燥肌にならないようにしましょう。

乾燥肌を治すは

乾燥肌になると、かゆみが強くて我慢できないということもあります。しかし、そこでかいてしまっては症状が悪化するだけです。乾燥肌になった場合には、医師に相談して適切な治療を受けて下さい。
乾燥肌を治す方法は、肌を乾燥させないようにすることと、軟膏を塗るという方法があります。単純に乾燥肌用の軟膏と言っても、症状により色々な種類があります。
乾燥肌の症状が軽いうちは、自然に治ることもあります。ですが、横着せずにすぐに医師に診断してもらうことが一番の早道です。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.