漢字検定のための漢字の勉強、漢字検定のメリット、漢字検定の使える資格、お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

漢字検定 

イメージ

漢字検定で漢字の勉強を

漢字検定で自分の漢字能力を再確認してみてはいかがでしょうか。
パソコンや携帯電話が普及した事により、漢字を読めるという人は多くいても、漢字を書けないという人が増えてきました。
読み方さえ知っていれば、後は変換で出てくるのでこういった人が増えるのも当然ですね。
一度自分の漢字知識を見直すという事も兼ねて漢字検定を受けてみましょう。
漢字検定を受けるというのは必ず合格しなければならないという事ではありません。
確かにせっかく漢字検定を受けるのですから合格したほうが良いのは確かですが、
漢字検定について勉強する過程で、自分の漢字能力を向上させるというのが一番重要です。
漢字検定を受けるという事はそれなりにお金がかかってしまいますが、やはり何か目標があった方が頑張る気になれるのではないでしょうか。

漢字検定のメリット

漢字検定のメリットはいったいどういった所にあるのか調べてみました。
単純にブームになっているからという理由で漢字検定を受験する人もいるかもしれませんが、漢字検定を受ける人はそれだけではありません。受ける以上はしっかりとしたメリットもあるのです。

資格試験の中では漢字検定は弱いように思われるかもしれませんが、大学受験の際に漢字検定が一つの評価基準になっているという場合もありますので、全く受験しない方に比べればリードする事ができます。

また漢字検定にチャレンジするという姿勢を評価対象とする事もあり、
合格する事ができなくても、その意欲や姿勢を評価するという学校もあるそうです。
合格する事が一番ですが、挑戦するだけでも価値があるという事ですね。
自分の日本語能力を見直す事ができるという事も大きいですが、このように漢字検定には様々なメリットがありますので、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

漢字検定受験者が増えたのはなぜ?

漢字検定受検者は250万人以上もいるとの事ですが、ひと昔前まではそんなに人気のある資格でもありませんでした。漢字検定は資格を持っていてもそんなに大きな効力はありません。就職のために役立つ資格なら他にも沢山あるのですが、なぜ漢字検定を受検する人がこんなにも増えたのでしょうか。

これだけが理由とは言いきる事はできませんが、テレビ等の企画で芸能人が漢字検定を受けるという物が出てきたのが、漢字検定受検者が増えた要因の一つだと言われています。

それまで漢字検定を知っていたが気にもとめなかった人が、
漢字検定に興味を持つという意味ではテレビの力はとても大きな物に感じられます。
それが良い事か悪い事かは分かりませんが、漢字に興味を持つ人が増えるというのは良い事ですね。

漢字検定は使える資格

漢字検定というとそんなに実用的な資格ではないと感じる方も多くいると思います。しかし下位の級ならともかく、上位の級になると履歴書に書く事でアピールポイントにもなります。漢字検定の1級ともなると合格率が10%前後となり、その難度の高さをうかがい知る事ができます。

日常生活で役立つというレベルでは2級くらいからがちょうど良いと思いますが、
出来る事なら上を目指したい物ですね。漢字検定に合格したと胸を張って言えるのは低く見ても2級からです。
高校生レベルまでの漢字を網羅した問題となっていますが、大人が受けるとより難しく感じると思います。
学生の頃ならともかく、社会に出て働いてからは必要な漢字だけを使用するという傾向が強くなります。
読むだけなら漢字検定1級合格を狙える人でも、書くとなると下位の級も怪しいという人がいるくらいです。
これから漢字検定にチャレンジしようと思っている方は、まずは自分がどの程度のレベルなのかしっかりと確認してみてください。

漢字検定をゲームで勉強

漢字検定をゲームで勉強してみましょう。
現在日本で一番売れているゲーム機であるニンテンドーDSでは、様々な学習ソフトが発売されています。それは漢字検定も例外ではありません。タッチペンを使って実際に書く事ができるというのが、DSで学習ソフトを出しやすいという強みなのかもしれませんね。
しかも曖昧な文字だとしっかりと認識してくれませんので、要点は正確に押さえなければいけないという点も効果的です。ただし漢字検定学習用のソフトとは言っても、このソフトを使って勉強して合格できる級は高いものではありません。

しかし漢字検定の入門用として考えれば、勉強嫌いの子どもを漢字好きにするための入り口として使う事ができるのではないでしょうか。
こういった楽しめる学習ソフトを利用する事で、より多くの方が漢字検定に興味を持つようになると良いですね。

Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.