転職情報支援

-会計・経理のキャリアを活かして就職する-

 

ミックスジュースの作り方・レシピ

会計・経理からの転職

会計・経理は事務職の基本と言えるものです。
事務職にはさまざまな種類がありますが、その中でも会計・経理のスキルは最低限必要なものです。
会計・経理から転職する場合、会計・経理のスキルがもっとも有効活用できるのは事務関係の仕事です。
事務職から新しい仕事をはじめたいのなら、会計・経理業務以外のプラスワン要素が必要です。
未経験の分野で仕事を希望するなら、最低限それだけのものは身につけるように心がけて下さい。

会計・経理のスキルを再確認

会計・経理の業務で自分は何を身につけてきたのか、会計・経理の仕事がどれだけできるのか、これらの目安として資格取得があります。
そもそも企業によって会計・経理の仕事をするために、最低限必要な資格が判断基準としてもうけられています。
自分は会計・経理の資格を何か取得しているのか、そのためにどのような努力をしてきたのか、これは採用担当者がもっとも必要とする情報のひとつです。
今後も会計・経理のキャリアを活かしていくなら、自分に何ができるのかという情報を把握し、証明できる目安を用意する必要があります。

会計・経理経験で得たものは

会計・経理経験で自分は何を学んだのか、それはその人によって答えが変わります。会計・経理経験者なら誰でも共通して答えられるものはありません。
自分がどのような経験をしたのか、そしてこれから何をしていきたいのかは、自分だけの答えです。
会計・経理の仕事で学ぶものは共通したものもありますが、そこから感じられたものは何なのかを明確化して下さい。
会計・経理キャリアのある人間はどこでも求められるものですが、それだけで雇うような企業はありません。
会計・経理だけではないプラスワンが必要なのです。

会計・経理以外のスキルはあるか

会計・経理の知識・スキルだけではないプラスワンには、さまざまな形があります。海外とのやり取りがある事務職では、会計・経理以外に語学能力も求められます。
今までの経験を活かしてさらにもう一段階先へ進むためには、このような特別なスキルが必要になります。
会計・経理の仕事をしながら身につけられるものから、その仕事をするには必ず必要なものまでさまざまなものがあります。
会計・経理の仕事をこれまでのように続けていく場合、それまでの積み重ねを伸ばしていくだけで問題ありません。自分の理想とする着地点を決めて、必要なら会計・経理以外の知識を身につけていくことも必要です。

会計・経理のキャリアを活かして就職

会計・経理のキャリアはさまざまなところで応用できます。自分が求める方向にもよりますが、その中で多かれ少なかれ会計・経理で得た経験は役立つものです。
就職活動は、いかに自分の能力を正確に相手に伝えることができるのかがポイントです。自分の会計・経理経験を分析し、その中で志望する職業へ活かすことができる部分を見つけて下さい。
会計・経理経験があるというだけでは、採用担当者からの印象は良くありません。会計・経理経験の中で自分はどれだけ貢献できるかをふくめて、相手に伝わるようにして下さい。
ぜひ、いい転職を実現させて下さい!

↑