介護福祉士の試験と受験 その資格に関するお役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

介護福祉士の試験と受験 その資格を得るために!

イメージ

介護福祉士の試験と受験が注目されている理由

介護福祉士とは、体の不自由な方、日常生活を送るうえで入浴や排泄、食事などに介護を必要とする方が、円滑に日常生活を送るための手助けを行う仕事です。また、被介護者の自立を促し、円滑に社会生活に参加出来るように、正しい介護の仕方を指導をするという仕事でもあります。介護福祉士は、別名ケアワーカーとも呼ばれ、介護福祉分野においては唯一の国家資格です。介護福祉の分野は、社会人一年生という方だけにとどまらず、家庭の主婦の再就職先として、また異業種からの転職者などからも希望者が多く、介護福祉士の試験と受験は注目されています。
高齢化社会になった現在の日本にあって、介護福祉士の試験と受験についての関心が高まっていますが、介護福祉士の試験と受験が注目されている背景には、介護福祉の分野が常に労働力が求められている就職市場であるということがあります。
介護福祉は景気によって縮小する市場ではありません。決して楽な仕事ではありませんが、資格を得て介護福祉の業務に従事し続けることが出来るならば、サラリーマンのように解雇されたり職捜しに困ったりすることもないでしょう。介護福祉士の試験と受験が注目されているのは、職業として拡大し続けている分野での資格であることが、要因のひとつとなっていることは間違いないでしょう。
老人性痴呆性や寝たきりなど介護福祉に関しては、ご家族の負担も含めていくと問題はつきません。そんな状況の中で介護福祉士は、とても頼もしい存在であり、社会貢献度の高いやりがいのある仕事です。介護福祉士の試験と受験についてはこれからも益々注目されていくものと思われます。

介護福祉士の試験と受験の資格について

介護福祉士の試験と受験資格はどのようになっているのでしょうか。介護福祉士の試験と受験には大きく「実務経験による受験資格」と「福祉系高等学校卒業による受験資格」があります。
まず前者の実務試験による介護福祉士の試験と受験では、3年以上介護等の業務に従事していることが受験資格になります。この業務というのは、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき入浴・排泄・食事、その他の介護を行い、ならびにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うという業務のことを言います。
従事日数・従事期間については、受験申込み時に3年に達していなくても、筆記試験前日までに期間・日数が、期間なら3年以上、日数なら540日以上になる見込みの者に受験資格があります。
後者の福祉系高等学校卒業による介護福祉士の試験と受験ですが、これは、学校教育法による高等学校又は中等教育学校において、福祉に関する所定の教科及び単位を修めて卒業した者が介護福祉士の試験と受験資格があるとされています。
また、通信制学校卒業による介護福祉士の試験と受験資格もあり、NHK学園高等学校専攻科、 基督自然学園高等学校専攻科、 星槎国際高等学校専攻科といった定められた通信制学校卒業者及び卒業見込み者に受験資格が与えられています。

介護福祉士の試験と受験の対策

介護福祉士の試験と受験では年1回筆記試験が1月に行われ、1次試験に合格した者に限り二次試験である実技試験を受けられます。試験科目は社会福祉原論・社会保障論・公的扶助論・地域福祉論・心理学・社会学・法学・医学一般・老人福祉論・障害者福祉論・児童福祉論・社会福祉援助技術及び介護概論となっています。実技試験は例年3月に行われています。なお合格の発表は3月末となります。
介護福祉士の筆記試験は5択のマークシート形式となっています。また介護福祉士の試験と受験では、定員はなく合格基準点以上とれれば順位に関係なく合格となります。
介護福祉士の試験と受験対策としては、資格講座などで試験直前に集中して行う講座や、過去問題で弱点をチェックし試験テクニックをマスターさせる講座などへの参加があります。また介護福祉士の試験と受験対策には、資格講座の利用以外にも、模擬試験の活用があげられます。模擬試験には、中央法規出版社が行う全国統一模擬試験があります。介護福祉士の試験と受験では、こうした模擬試験を積極的に行い、自分の得意・不得意を見極めて、不得意部分の徹底した試験対策を行うと効率的に進めていけるでしょう。

介護福祉士の試験と受験以外の資格取得方法

介護福祉士の資格を取得するにはふたつの方法があります。ひとつがこれまで触れてきました国家試験に合格することです。もうひとつの方法は、国の指定した専門の養成施設で学ぶ方法です。この施設を卒業すると同時に資格が与えられます。介護福祉士の試験と受験と比較した場合、資格取得の近道を考えると、この指定養成施設を卒業することが一番かも知れません。
この指定の養成施設というのは国の定める基準に基づいて、介護福祉士の能力を育てるしっかりとしたカリキュラムで教育が行われていると認められた施設です。厚生労働大臣の認可を受けて登録されています。
資格取得を介護福祉士の試験と受験によらず、この養成施設の卒業を選択した場合のデメリットは、やはり費用がかかるということです。また介護福祉士の試験と受験と違い、養成施設の場合最短でも2年かかります。また夜間の場合は最短で3年です。年間にかかる費用が50万円以上は見込まれますから、再就職や異業種からの転職で介護福祉士を目指す場合は、時間、お金ともに厳しいかも知れません。すでに社会人の方なら、介護福祉士の試験と受験で国家試験から資格取得していくほうが良いでしょう。頑張れば初年度での合格も夢ではありません。介護福祉士の試験と受験にも「実技試験の免除」も利用できますので、養成施設卒業ばかりが最良だとも言えないでしょう。
なお、福祉系大学(短大)、保育士養成施設、介護福祉士養成施設(専門学校等)の卒業後、指定要請施設を1年(夜間の場合は2年)修めた場合も卒業と同時に資格取得できます。学生さんが介護福祉士を目指す場合は、こうしたアプローチで介護福祉の分野に進んでいくことも可能です。

介護福祉士の試験と受験での実技試験の免除

介護福祉士の試験と受験では、2006年実施の試験より、受験申込み時に実技試験を受講するコースと、介護技術講習を受講して終了し、申請によって実技試験を免除するコースのいずれかを選択できるようになっています。筆記試験については、従来どおり受験者全員が受験することになりますが、介護福祉士の試験と受験では介護技術講習は、厚生労働大臣に介護技術講習の実施を届け出た介護福祉養成施設等が、介護技術講習を行うことができます。
介護福祉士の試験と受験の実技試験の免除は、筆記試験を受験したか否かに関係なく、講習修了後引き続いて行われる3回の実技試験については、免除されます。この3回のうちに筆記試験に合格することができれば、介護福祉士としての登録資格を得ることができるのです。できればこの実技免除コースを選択できるようにしておくことで、介護福祉士の試験と受験では介護福祉士の試験と受験の筆記試験対策に集中することができます。事前の講習受講で試験合格をより確実なものにしておきたいところです。
なお介護技術講習の日程などの詳細はインターネットなどで公表があります。社団法人日本介護福祉士養成施設協会のホームページをご覧いただくと詳細が掲載されていますので、確認の上で、実施する施設等に問い合わせをしてみて下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.