女子顔面黒皮症って、どんな病気なの??
saicoro Produce by saicoro Site update contents

女子顔面黒皮症の症状と治療

そもそも女子顔面黒皮症って何なの?

アメリカにおいては化粧品による皮膚障害は日本よりも早くから問題にされ、 各化粧品メーカーが収集した皮膚障害などの副作用の症例は、食品医薬局へ報告するように義務付けられていますが、 当時、日本においては化粧品の安全性については厚生省の許可基準を満たしているのだから問題はなく、 皮膚障害が起こるのは個人の特異体質によるものだ、という見解が支配的でした。化粧品による障害のなかでも、 とくに大きなショックを女性に与えたのは、「黒皮症」です。 女性顔面黒皮症ともいわれますが、女性だけでなく、男性にも生じます。

女子顔面黒皮症の症状について

読んで字のごとく、女子顔面黒皮症は顔の皮膚が黒くなる症状ですが、最初から黒くなるわけではありません。 最初は、化粧後になんとなく顔が赤みをおび、ほてりやかゆみを感じるようになります。 顔がふくらむような膨張感をおぼえることもあります。これらの症状が毎日起きるというわけではなく、 一時、消えたかと思うとまた起こるという具合に継続的に繰り返されます。 そのうちに顔にシミが出てきます。シミは赤黒から紫灰色をおびた褐色で、網目状に広がっていきます。 やがてその網目に広がった部分が、まるでそこだけ入れ墨をしたように黒くなってしまいます。
女子顔面黒皮症の特色は、増加したメラニン色素が表皮にとどまることなく、真皮にまで沈着してしまうことです。 そのため、女子顔面黒皮症の症状が進んだ場合にはなかなか簡単には回復しません。 女子顔面黒皮症の被害は深刻です。外出もできず毎日家で泣いて暮らしている、 ぎょっとする視線に耐えきれず職場をやめた、こんなお化けのような顔になって人生に絶望した、 あとは自ら命を絶つ道しか残されていない、などといって、
自殺する人もいるほどです。

女子顔面黒皮症の原因は?(その1)

なぜ化粧品を使って女子顔面黒皮症のような皮膚障害が起こるのでしょうか。
化粧品の原料は、2,500種類以上にも上ります。これとは別に香料だけで5,000種類以上の原料があります。このほかに新製品開発の為に新しい化学物質が加わり、原料の種類は増える一方です。 化粧品の原料のなかには動物、植物、こんなものがと思われるものも、成分に含まれています。これら、合計すると7,000種類以上もの化学物質をさまざまな分量で配合し、練り合わせたものが、化粧品と総称される製品である、といっても過言ではありません。 女子顔面黒皮症の犯人は、もちろんこれらの化学品原料のなかに潜んでいます。しかし、女子顔面黒皮病の原因となる成分を7,000種類ものなかから見つけ出すのは、容易ではありません。

女子顔面黒皮症の原因は?(その2)

しかし、化粧品原料を皮膚の安全性との関係で基材原料で分解すると、種に7種類になります。女子顔面黒皮症はこの7つの中の一つ、色素、正確にはタール系色素の一つである赤色219のなかに不純物として存在していたスダンTという物質です。この他もタール系色素のなかには接触皮膚炎を起こすおそれがある物質がいくつかあることもわかっています。では、女子顔面黒皮症の犯人の正体が判明して女子顔面黒皮症はなくなったかといえば、そうではありません。
たとえば、お風呂でからだを洗う時、ナイロンタオルでゴシゴシと強くからだを摩擦したりして、女子顔面黒皮症が生じています。また、衣服の染めに使われた染料が原因で、女子顔面黒皮症になった例もあります。 黒皮症の犯人は、スダンTだけではないことになり、今後の解明が待たれている状況です。化粧品には先の7種類だけではなく、まだまだ多くの添加成分が含まれています。その主なものだけでも、美白剤・漂白剤、制汗剤・デオドラント剤、収れん剤・緩衝剤・中和剤、刺激剤、抗炎症剤、抗酸化剤などがあり、いずれも皮膚とは密接な関係を持つものです。

女子顔面黒皮症の治療

女子顔面黒皮症の治療は、平均して2年ほどかかりますが、焦らず、根気良く治療を続けると、 必ず元どおりのきれいな肌になります。すべての化粧品の使用を中止し、原因物質を探し、 それの入っていない化粧品に変える必要があります。原因物質が分かれば、それを使用しないだけでかなりよくなります。

Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.