転職情報支援

-事業企画のキャリアを活かして就職する-

 

ミックスジュースの作り方・レシピ

事業企画の仕事は

事業企画の仕事は、その企業における事業展開の方向性を決めるというものです。
事業企画が提案する事業の中には、新規事業や海外進出というものもあり、その企業の中でも大きなポジションです。
事業企画の仕事を経営企画部が受け持つこともありますが、大きな企業では分担されていることがほとんどです。
事業企画と経営企画で共通しているのはその業務範囲の広さであり、事業企画の人間は豊富な知識や社会経験が求められています。

事業企画から転職を考えるなら

事業企画の仕事から別の仕事への転職を考えるのなら、事業企画で得た経験を活かすことができる職場が適しています。ただし必ずしも事業企画と同様の仕事ができる職場が用意されているわけではありません。
部署や職種がことなっても、事業企画での経験は必ず役立つ時が来ます。
転職を希望するなら、自分が今まで何をやってきてこれから何をやりたいのか、最低でもこれくらいのことは形にまとめておいて下さい。
事業企画ならではのことには何があるのか、しっかりとまとめておくと効果的です。

事業企画で得られるスキル

事業企画の仕事をして得られるスキルにはさまざまなものがあります。そして仕事をしていて自然と身についた能力は、自身で再確認しないと気づかないことがあります。
事業企画は社内における戦略スタッフです。事業企画スタッフは常に先を見て、いかに会社の利益につながるかを考える部署であり、その経験の中で得られるスキルは数多くあります。
事業方針を左右するという責任の重さから、事業企画に求められるハードルは高く、それを乗りこえてきたと自負できる自身があるはずです。
事業企画での仕事がいかに実のあるものだったのか、改めて確認してみて下さい。

事業企画でできる経験

事業企画でできる経験は、他の部署にはないことがたくさんあります。常に新しい事業のことを考える発想力を考えると、事業企画から転職するのではなく新規に企業を作る選択肢もあります。
事業企画は大きなものから小さなものまで、多くのプロジェクトのことを考えている仕事です。採用先で新たなプロジェクトをはじめようとする動きがあるなら、事業企画でのキャリアがある人材には大きな魅力が感じられます。
事業企画として今までどのような業務に携わってきたかは人それぞれです。自分がいかに貴重な体験をしてきたのかを把握し、それをアピールすることが就職への近道です。

事業企画のキャリアを活かして就職するために

事業企画経験者の需要は、想像しているよりもあります。
今ある仕事で満足せず、常に新しいものを探すという特徴が事業企画経験者にはあるからです。
企業はこのような人材を多く求めています。事業企画のキャリアがもたらしてくれる効果はそれほどまでに大きいものです。
事業企画のキャリアを活かして就職するためには、自分を知ることからはじまります。他の職種で働くのならば、事業企画のどの経験がその仕事に活きるのかを考えて、それを正確に相手に伝えるように努力して下さい。ぜひ、いい転職を実現させて下さい!

↑