インテリアコーディネーターの試験と受験 その資格を得るために!お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

インテリアコーディネーターの試験と受験

その資格を得るために!

イメージ

インテリアコーディネーターはどのような仕事?

インテリアコーディネーターについて、知っていますか?
インテリアコーディネーターとは、家を建てたり、改築したりする時にインテリコーディネーターに相談すると、家具やカーテン照明などをクライアントの意向にそって、インテリアコーディネーターが商品を選び、適切な住宅計画の提案を行うプロフェッショナルのことです。最近、住宅やインテリアへのこだわりや、独自のライフスタイルを持つ人が増えています。インテリアコーディネーターはそんなクライアントのライフスタイルに合わせた生活空間をコーディネートするのです。

インテリアコーディネーターの資格

インテリアコーディネーターになるには、インテリア産業協会主催のインテリアコーディネーター資格を取ることが早道です。実は、インテリアコーディネーターは必ず資格を持たないとできない仕事ではありません。インテリアコーディネーターは無資格でもなれるということです。しかし、インテリアコーディネーターにはたくさんの知識が必要です。インテリア商品の知識はもちろんですが、建築に関する知識のほか、いろいろな知識がなければインテリアコーディネーターはつとまりません。今日からインテリアコーディネーターになりました!と言うわけにはいかないのです。

インテリアコーディネーターに求められるもの

インテリアコーディネーターに求められることはたくさんあります。
当然、クライアントの意向にそって、ライフスタイルに合わせた生活空間をプロデュースします。インテリアコーディネーターには、インテリア商品に関する知識、建築に関する知識、クライアントの予算、家族構成に合わせてプロデュースする為のコンサルティング能力、建築士や施工業者との交渉力、プロデュースする上での美的感覚や生活感覚、発想力、などなどたくさんの知識、能力がインテリアコーディネーターに求められます。「生活空間をプロデュース」するのは大変なことなのですね。

インテリアコーディネーターの仕事の流れ

では、インテリアコーディネーターの仕事はどのように進むのでしょうか。ここで、インテリアコーディネーターの仕事の流れの一例をご紹介します。
まず、インタリアコーディネーターは、クライアントから「どのような生活空間を作りたいのか」を聞き取ります。同時に予算、家族構成、趣味、将来の生活設計などをコンサルティングします。
次に、コンサルティングの内容を元にプランニングします。プランニングと同時に図面や完成予想図を作成します。
次は、作ったプランニングのプレゼンテーションです。クライアントに分かりやすく、図面や完成予想図、サンプル素材を使ってプレゼンします。ここで、クライアントの要望も聞き、プランを修正していきます。そして、クライアントの了承を得て、契約を結びます。
インテリアコーディネーターの仕事はここで終わりではありません。工事現場へ行き、正しい工事が行われているかチェックし、実際に使用する商品を選び、引渡し後のアフターサービスまで行います。インテリアコーディネーターは最初から最後まで家作りに加わります。

インテリアコーディネーターになるには

インテリアコーディネーターは大変な仕事です。でも、とてもやりがいのある仕事だと思いませんか?最近では、リフォームがテレビや雑誌でよく取り上げられますし、インテリアコーディネーターはこれからますます需要が高まる仕事になると予想されます。男性の仕事っぽいですが、女性のインテリアコーディネーターも増えています。女性ならではのきめ細かいプランニングや生活感覚が良いのではないでしょうか。
インテリアコーディネーターになるには、やはりインテリアコーディネーター資格の取得が早道です。試験は1次試験、2時試験に分かれ、1次試験は「インテリア商品と販売(100分)」「インテリア計画と技術(100分)」の2つの試験があります。2次試験は「論文試験(80分)」と「プレゼンテーション試験(140分)」の2つです。詳しくはインテリア産業協会のWEBサイトで確認できます。インテリアコーディネーター受験に向けての勉強は、スクール、通信教育ですることができます。
あなたも、注目の資格、インテリアコーディネーターを目指してみませんか!

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.