インポテンツって、どんな病気なの??
saicoro Produce by saicoro Site update contents

インポテンツの症状と治療

そもそもインポテンツって何なの?

インポテンツとはED(Erectile Dysfunction)、つまり、勃起不全あるいは勃起障害のことです。つまりインポテンツは、勃起できない、または勃起しても持続しないことをいいます。インポテンツはストレスなどの「精神的なもの」とあきらめている方は多いようです。確かに精神的な原因もありますが、糖尿病、高血圧症、心臓病、うつ病、薬物治療、手術や外傷などもインポテンツの要因になります。年齢を重ねるごとにインポテンツになる確率は高くなっていき、50代以上の日本人男性の、実に5割以上がインポテンツの悩みを抱えています。

インポテンツの原因について

インポテンツがおこるのは年齢のせいだけではありません。中高年になるとインポテンツになる人は確かに増加してきます。インポテンツは、運動不足やお酒の飲み過ぎ、タバコの吸い過ぎなど、生活の悪習慣が原因であるケースが多く、また高血圧症、糖尿病など生活習慣病がインポテンツの引き金となることもあります。若い世代のインポテンツ患者が増加傾向にあるのも、このような生活習慣の乱れが原因と言えます。インポテンツは、治療すべき生活習慣病のひとつと考える必要があるでしょう。

インポテンツとその他の病気(その1)

年齢とともに性機能が衰えるのはある程度は仕方がないものですが、年齢を重ねても豊かな性生活を送ることができれば、素晴らしい人生にもなるでしょう。そこでインポテンツとと深くつながる生活習慣の中から、インポテンツの予防のために気をつけたい病気などについて、さらにくわしく紹介していきます。
インポテンツのの原因となる病気はとくに高血圧からのものに注意しましょう。たとえば、心筋梗塞、狭心症、不整脈、動脈硬化、高血圧などです。
心臓や血管の病気は、インポテンツのの原因になります。勃起は血流と血管に影響を受ける現象ですから、体のすみずみまで血液を運んでくれる動脈が硬く、狭くなる動脈硬化になれば、陰茎が勃起するに足る血液が運ばれなくなってしまう可能性もあります。また高血圧の状態が続くと、常に血管が圧迫され続けて傷つきやすくなり、傷を重ねていくうちに動脈硬化を引き起こします。

インポテンツとその他の病気(その2)


中高年で高血圧の人は、10人に1人の割合でインポテンツになるという結果報告もありますから、十分注意しましょう。インポテンツを自覚したあとに心臓や血管の病気が発見されることがありますので、これに対しても注意が必要です。
また、糖尿病がインポテンツのの原因になることは有名ですが、糖尿病なのでインポテンツにもなってしまったと思い込んで心因性の勃起障害になる人も珍しくありません。糖尿病で一番問題なのは、脳からの指令を体のすみずみに送る神経のはたらきが鈍って(糖尿病性末梢神経障害)、いくら脳が興奮してもその指令が陰茎まで届かなくなってしまうことです。また動脈硬化も起こしやすいので、陰茎に血液が運ばれなくなりインポテンツになることもあります。
他に、慢性腎不全の人の中には、男性ホルモンの分泌が減少したり、血液中のプロラクチンというホルモンが過剰になって性欲が低下したり、慢性腎不全にともなって起こる上皮小体機能亢進症、貧血、亜鉛欠乏症、高血圧とその治療に用いられる血圧降下薬などが原因でインポテンツになる場合もあります。腎臓は尿をつくるだけでなく、血圧維持、貧血防止、ホルモン合成などのほかに、男性の性機能にまで役割を果たしているのです。
最後に、女性と同様に男性にも、加齢にともなうホルモンの低下がもたらす男性更年期障害があり、勃起障害、性欲低下、射精障害、憂うつ感、筋肉量の減少、体毛の減少などが起こります。この場合は、男性ホルモンの補充などをしながらインポテンツも治療します。

インポテンツを改善しよう!

インポテンツの改善は、まず体調を整えることから始めましょう。
インポテンツの改善を行なうには、まず体調を整えることが第一です。栄養バランスのとれた食生活、適度の運動、十分な休養です。食生活は「精」のつく食事、とくにホルモンのバランスを整え生殖機能を向上させ血行促進させるビタミンE、生殖能力を維持発達させる亜鉛、その他、性機能に重要な働きのある甲状腺の回復を向上させるヨウ素、でんぷんや糖質をエネルギーに変えるビタミンB1、ストレスに抵抗力をつけるビタミンCなどを豊富に含んだ食材を中心に献立を考えましょう。 ビタミンEが多く含まれる食べ物は、うなぎの蒲焼、たらこ、アーモンド、落花生などに、亜鉛は、肉類、魚介類に多く含まれ、レバー、卵黄、牡蠣(かき)がその代表です。ヨウ素は、昆布、わかめなどの海藻類に多く含まれ、ビタミンB1は、豚肉、うなぎの蒲焼、玄米などに、また、ビタミンCはグアバ、いちご、みかん、ブロッコリーなどに多く含まれています。 運動はウォーキングやジョギングや体操などがあります。適度の運動は、新陳代謝が高まり各組織の働きが活発化し、血液循環が促進され体調がよくなります。 疲労を感じたら我慢をしないで、生活のペースを少し落とし、積極的に休養をとり、疲労回復を図ることが何よりインポテンツの改善には大切です。ただ家でゴロゴロしているだけでなく適度な運動を取ることもインポテンツの改善には大事なことです。 このように栄養バランスのとれた食生活、適度の運動などによって体調を整えれば、インポテンツの改善が十分に図れることでしょう。この頃はインポテンツの改善のためにドリンク剤も手軽に利用されていますね。ただし、このドリンク剤は、長期間飲用していると、副作用の問題が起きてきます。化学製剤には多かれ少なかれ、副作用があるので注意しましょう。 もちろん、みんながインポテンツの改善ができるわけではありません。最近では、バイアグラが発売され大変話題を呼びました。しかし、誰でも手軽に利用できるものではなく、その副作用も問題になっています。わざわざこの薬に頼らなくても、身体にやさしく安心できるもので、インポテンツの改善を行なおう、といった方法が見直されています。

Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.