いぼ痔(いぼじ)ってどうしておこるの? いぼ痔(いぼじ)の症状や原因、これ見りゃばっちり!!
saicoro Produce by saicoro Site update contents

いぼ痔(いぼじ)の症状と原因の症状と原因

いぼ痔(いぼじ)って何?

いぼ痔(いぼじ)とは、肛門の奥(直腸との境)に生じた静脈のかたまりをいいます。いぼ痔(いぼじ)はりきみや便秘によりうっ血し膨らみ、出血しやすくなります。このいぼ痔(いぼじ)の位置は基本的に痛みの神経がないところなので痛みは伴いません。また内痔核の付け根の粘膜が緩んで、たるんでくるといぼ痔(いぼじ)が肛門の外に飛び出してきます。これを脱肛といいます。うっ血は軟膏により炎症を抑えると軽快しますが、粘膜のたるみは軟膏では改善しないため脱肛がある場合には基本的に粘膜のたるみを治す治療が必要となります。内外痔核は内痔核に肛門周囲の静脈のかたまりが加わったものをいいます。肛門粘膜は痛みの神経が敏感なため、痛みを伴います。

いぼ痔(いぼじ)の原因

いぼ痔(いぼじ)ができるのはは人間が二足歩行で歩いているからです。4つ足歩行の動物には、いぼ痔(いぼじ)はできないとされています。排便という行為が動物であるゆえ生活上必要なものである以上、肛門(便の出口)があるのは当然ですが、その位置が心臓より下にある(二足歩行)のは人間だけなのです。そのため血流は重力の関係で肛門に うっ滞しやすく、いぼ痔(いぼじ)など痔となるのです。

いぼ痔(いぼじ)の症状

レベル1
いぼ痔(いぼじ)のレベル1は、特に自覚症状がありません。排便のときにトイレットペーパーなどに血がつくぐらいのものからポタポタ出血するもの、少し血走るものか様々です。突然の出血に驚く人も多いでしょう。排便が終われば自然に出血も止まります。この時点では、排便をしてもいぼ痔(いぼじ)のイボは肛門の奥に引っ込んだままです。
レベル2
いぼ痔(いぼじ)のレベル2になると、イボが大きくなり、排便の時に、出血だけではなく肛門の外で出てくるようになります。違和感をありますが、痛みはありません。この段階では、排便が終わると外に飛び出したいぼ痔(いぼじ)のイボは自然に肛門の中に戻ります。
レベル3
さらにいぼ痔(いぼじ)の症状が悪化しレベル3になると、排便時に肛門の外にでてきたいぼ痔(いぼじ)のイボは自然に戻らなくなり、指で押さないと戻すことができなくなります。いぼ痔(いぼじ)がこのレベルになると、排便時以外にも、重いものを持ったり、ちょっと咳をしたりするだけで、いぼ痔(いぼじ)のイボが外に出てきてしまいます。また外に飛び出したいぼ痔(いぼじ)のイボが傷つくと、強い痛みを伴います。
レベル4
いぼ痔(いぼじ)の最終段階レベル4になると、排便に関係なく常にいぼ痔(いぼじ)のイボが外に出たままの状態です。指で押し込んでもいぼ痔(いぼじ)のイボは戻らなくなります。便がちょっとしたことで流れ出してしまい、肛門がかゆくなったり、皮膚炎や湿疹を併発したりします。

いぼ痔(いぼじ)の治療

いぼ痔(いぼじ)の治療には軟膏の塗布や座薬、痛み止め、抗生物質の利用を行い、経過を観察します。食事についてもアルコール、辛いものなどの刺激物をを極力避ける、長時間同じ姿勢で座った状態を継続させないなどの様々な注意が必要です。 なお、薬の塗布などでいぼ痔(いぼじ)の痛みが改善しない、出血が止まらない、脱肛を発症させている場合には手術を検討することもあります。 手術でいぼ痔(いぼじ)を切除しても再発する可能性は高い為、慎重に決断する必要があります。


Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.