いぼの症状と治療と除去

ミックスジュースの作り方・レシピ

いぼ とは?

いぼは、ヒト乳頭腫(にゅうとうしゅ)ウイルスが皮膚に感染してできる乳頭腫で、ウイルス性疣贅(ゆうぜい)と呼ばれる病気です。

いぼの原因

ヒト乳頭腫ウイルスは、指のささくれや足底などの小さな傷口から感染します。表皮の一番深い層にある基底細胞に感染すると、細胞が増殖していぼをつくります。
 ウイルスの種類の違いで好発する部位や皮膚症状が異なります。手足に好発する尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)、性行為で伝染する陰部の尖圭(せんけい)コンジローム、若年者の顔面に出やすい青年性扁平(へんぺい)疣贅などがありますが、小児には尋常性疣贅が最も普通にみられます。

いぼの治療方法

いぼを取り除くには、液体窒素(ちっそ)による凍結療法が一般的です。液体窒素で凍らせた綿棒を数秒間いぼに接触させて凍らせます。一度で治らない場合は1~2週間ごとに続ける必要があります。
 そのほかにレーザーや電気メスでいぼを焼く方法、グルタルアルデヒド塗布法、接触免疫療法、ハトムギエキスの内服なども行われることがあります。

いぼの種類

いぼの種類について紹介します。

【通常のいぼ[尋常性疣贅]】
基本硬いいぼで、突起状の物。表面がザラついている、
殆どのいぼがこの形状に当てはまり、特徴としては形は不規則なものの、円形が多く、灰色や黄色・茶色等様々です。
大きさにおいては約1センチ以上になることはあまりありません。
そして、出来る場所は怪我をしやすい場所に発生し、(ひざ・顔・指)
の周りに発生します。

【足底いぼ[足底疣贅]】
足の裏に発生するものですが、このいぼは基本的に体重がかかるため、
押されて平らになります。その周辺を厚くなった皮膚で囲むために
あまりいぼだと認識している人がいません。
基本的にはザラついた官職で、色は灰色であったり、茶色かったり。
時に中心部が黒くなっています。
うおのめやタコとは違い、むりやりにそいてきったりすると
針先ほどの多数の点から出欠します。

【扁平いぼ[若年性扁平疣贅]】
子供や若い成人に発生するいぼであり、群れを成すことがあります。
表面はなめらかなのですが、よく手の甲や手の平に発生します。
男性でひげの生える部分であったり、女性においては脚に症状が見られ
脚の毛を剃ったりすると発生します。

【性器のいぼ[尖形コンジローム]】

性器のいぼは、陰茎や肛門、膣、子宮に発生するいぼの事を言います。
不規則な形をしており、カリフラワーのかたまり見たくなることがあります。

↑