転職情報支援 -法人営業のキャリアを活かして就職する-お役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

転職情報支援

-法人営業のキャリアを活かして就職する-

イメージ

法人営業から転職する前に

法人営業は企業を相手に営業活動する仕事です。法人営業で得た経験は、個人を顧客とした営業とはまた違うものです。そこには法人営業ならではのノウハウがあり、そこで身につく能力もたくさんあります。
法人営業から他の職種に転職することを考えているのなら、自分が法人営業でどのようなことを経験し、どのようなことをなしとげてきたのか、そしてこれからどのようなことをしたいのかをまとめて下さい。

法人営業をしてきた自分を見直す

法人営業をしてきた中で、自分がどれだけ結果を出せたのかはとても重要です。具体的な数字や取引先名を出すことは控えたとしても、法人営業でどれだけの実績があるのかは、就職において重要なポイントです。
法人営業を経験したことで、自分はどのように変わることができたのか、それを今後どう活かしていくのか。法人営業からの転職を考えているのなら、これらの点はすぐにでも答えられるようにしていて下さい。
自分が法人営業としてどれだけ仕事をしてきたのかの確認は、これから自分を売り出す時に大きな力になります。

法人営業経験者としてのスキル

法人営業に求められるのは、いかに顧客のニーズを引き出すのかと、それに合ったものを提案する能力です。これだけが法人営業の全てではありませんが、最も求められているのはこの2つです。
法人営業として活躍してきた人には、多かれ少なかれこのスキルが身についています。これらは法人営業以外の仕事でも、必ず役に立つ場面があります。
社内での企画提案能力に期待できるという見方もあり、法人営業経験で身につけたスキルは、必ずどこかで役だつときが来ます。

法人営業のキャリアを活かすために

法人営業としてのキャリアは、自分が志望する企業・職種でどのように貢献できるのか。就職活動をするのなら、最低限これぐらいはできなければいけません。
法人営業でも売り出す商品やサービスの特徴がわからなければ、それをどう扱って良いのか困ります。
就職活動は自分という商品を売りだす営業活動です。法人営業をしてきた経験をもとに、いかに自分を売りこむのか考えて下さい。
法人営業はただ物を売れば良いものではありません。自分の取りあつかうものにどんなメリットがあるのかをアピールしなければ契約は勝ちとれないものです。
この考えかたをもとに、法人営業経験をどのようにとらえていけばよいのか考えてみて下さい。

法人営業経験を活かすために

法人営業の経験は決して無駄なものではありません。同系統の営業職であれ、全くことなる職種であれ、どこかで法人営業経験は活きてきます。
法人営業で自らがつちかったノウハウを活用し、自分が志望企業に対してどれだけ貢献できるかを考えれば、おのずから強調すべきところは見えてきます。
法人営業のキャリアが具体的にどのように役立つかは、その人が今までどのようなことをして、これからどうしたいかで変わるものです。
志望企業が何を求めているのか、そこで自分は何を提示できるのか、これこそが法人営業経験者の腕の見せどころです。ぜひ、いい転職を実現させて下さい!


 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.