片頭痛(へんずつう)ってどうしておこるの? 片頭痛(へんずつう)の症状や原因、これ見りゃばっちり!!
saicoro Produce by saicoro Site update contents

片頭痛(へんずつう)の症状と原因

片頭痛(へんずつう)って何?

片頭痛を訴える方の大部分は、自らを「頭痛もち」と思っています。この頭痛もちの頭痛の中にはいくつかの種類がありますが、最も多く、しかも悩まされるのが「片頭痛」です。片頭痛は頭の片側からこめかみにかけて脈打つように「ずきずき」、「がんがん」と痛み、ひどいときには日常生活が妨げられるほどの強い痛みや、吐き気を伴うとてもつらい頭痛です。片頭痛は思春期頃から発症することが多く、成人の約8%が罹患しています。中でも女性に多く、その数は男性の約4倍といわれています。片頭痛は一生の病気であり、現在の医学では完全に治すことはできません。ただ、片頭痛の正しい知識を身につけ、上手に対処することで、より快適な日常生活を過ごすことができるようになります。

片頭痛(へんずつう)の症状

片頭痛はその名の通り、片側の頭痛として現れることも少なくありません。しかし、痛みの現れる部位が左右変動する場合や、両側が痛むが左右で差がでる場合、両側が痛む場合など痛みの種類はさまざまです。片頭痛は決まった片側のみに現れる頭痛ではなく、「偏った痛みがあらわれやすい」という意味で理解していてください。 片頭痛の特徴は以下のとおりです。
◆脈に合致したズキンズキンとした痛みである。
◆痛みは頭の片側の時が多いが、両側の時もある。
◆頭痛は、数日〜数週間の間隔をおいて発作性に現れる。
◆一回の頭痛は数時間から3日で治まる。
◆頭痛発作の時に、悪心(吐き気)、嘔吐などを伴うことがある。
◆頭痛発作の時に、強い光や大きな音、不快なにおいで頭痛が強まることがある。
◆明け方から目覚めの時に頭痛発作が起こることが多い。
◆頭痛の強い部分を手で圧迫すると、その間は痛みが和らぐ。
◆ 頭痛発作の時、またはその直後に下痢や発熱などの症状があらわれることがある。
◆血縁者の中に似たような頭痛を訴える人がいる。

片頭痛(へんずつう)の治療法

片頭痛の治療法の中心は薬物療法になります。現在わかっている範囲では薬物以外の治療法つまり物理療法、食事療法といった方法では、補助的効果は認められるものの、その効果は薬物療法を上回るものはありません。片頭痛の薬物療法には大きく分けて二つの方法があります。
一つは頭痛発作が出たときに対処する方法で、これを頭痛抑制治療といいます。これに対し頭痛を出にくくする治療法があり、これを頭痛予防治療といいます。
ほとんどの場合、頭痛抑制治療から開始し、症状が強かったり、頭痛の回数が多かったりした場合に、頭痛予防治療を追加します。片頭痛の予防効果が認められている薬は、抗うつ薬、βアドレナリン遮断薬、バルプロ酸、カルシウム拮抗薬などがあります。

片頭痛(へんずつう)に対する日常生活の工夫

一口に片頭痛と言っても種々の誘発因子があります。関与の程度はさまざまですが、ちょっとした注意や工夫で片頭痛の引き金となるものを避けることができます。具体的な注意事項は次のとおりです。

◆空腹時に頭痛は起こりやすいので、食事は3食しっかり食べる。
◆チョコレートや赤ワインなどの飲食物は避ける。
◆寝過ぎや寝不足は避ける。
◆月経前や月経中などに発作が集中して起こる人は、早めに予防薬を服用する。
◆経口避妊薬やホルモン療法で頭痛が悪化することがあるので、症状がひどい時は治療の継続を検討する。
◆旅行中に片頭痛が起こることが多いので、できるだけ普段と同じ生活のリズムで過ごすようにする。
※ただしいずれの場合も、症状がひどい場合は必ず専門医(神経内科や脳神経外科)にご相談ください。


Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.