鼻血の症状と原因

ミックスジュースの作り方・レシピ

鼻血って何?

私たちの身近な病気の一つに数えられる鼻血は日常生活において様々なシーンで発症します。子供のころ、サッカーボールが顔に当たって鼻血が出たり、寝苦しい真夏の夜にのぼせて鼻血が出たり、大体の鼻血については深刻な問題を含むような症状がなく心配するに及ばないケースがほとんどですが、中には危険信号を含む鼻血もあります。その見極めが難しく見落としがちになるという欠点が鼻血にはあるます。鼻血について改めて正しい知識で対処できるようにしておくことが必要です。

鼻血の症状

鼻血とはなんらかの原因で鼻から出血を伴う病気です。大半の鼻血は深刻な問題ではなく、十数分で止血します。誰もが一度はは経験したことのある病気と言えるのでは
ないでしょうか?
子供の鼻血は、大人と比較すると鼻血がでるケースが多いと言えます。特に多い年齢期は3~8歳で、何回も起きるため心配になることもあるでしょう。子供がが鼻血を出したら慌てず止血を行います。 鼻血が出たら、横にさせず座るように促します。頭を上げると
鼻血が喉に達してしまいますので、正面を向いた普通の姿勢にさせます。鼻血が出ている方の鼻を指で押さえ、冷やしたタオルで鼻の付け根を冷やします。鼻血が止まるまでそのままの姿勢でいます。5~10分ほどで鼻血は止まります。鼻血が止まったら、無理な運動をさせず、また暑い太陽の下で遊ばないように注意しておきましょう。止血が上手く行かない、あるいはなかなか血が止まらない場合は速やかに耳鼻科病院に行きましょう。

鼻血の原因

鼻血の原因のようけは鼻腔の中になんらかの原因があり起こる場合が多いですが、鼻血のなかには全身的な病気が原因であることもあります。

鼻血を起こす鼻腔のなかの原因による鼻血は大きく分けて下記のとおりです。
◆キーゼルバッハ部位損傷による鼻血
キーゼルバッハ部位とは鼻の穴の入り口にある柔らかい部分のことです。この部分がなんらかの原因で傷つくと鼻血が出てしまいます。鼻血の約8割の原因がキーゼルバッハ部位の損傷であり心配の必要はありません。キーゼルバッハ部位は血管が多く、さらに脆いため、鼻の中を直接触ることでの損傷するだけでなく、刺激の強い食べ物、のぼせる、興奮する、外部からの衝撃などさまざまな原因で損傷し鼻血が出てしまいます。ただし、出血量は少なめです。
◆鼻咽腔粘膜炎症による鼻血
鼻の奥にある咽頭上部の鼻咽腔にある粘膜が炎症を起こし動脈が傷ついてまうことで鼻血がでてしまいます。高血圧や動脈硬化など血管が細く弱っている高年齢層の鼻血の原因として多く見かけます。動脈の損傷による鼻血やから、出血量はようけ口からも出てくることもあるため、キーゼルバッハ部位の損傷による鼻血との差もあります。
◆鼻腔ガンによる鼻血
鼻腔にガンが発生しそれが原因で鼻血が出てしまいます。鼻水の処理をしたときに血混じりの状態が長期間継続します。
◆大気汚染による鼻血
光化学スモッグといった汚染物質の多い地域では鼻血になりやすい人が多く見かけます。原因は鼻粘膜の損傷が考えられます。
◆全身的な病気による鼻血
鼻腔以外の原因による鼻血です。。全身の至る所で出血が起こりやすい血友病、血小板減少症といった血液の病気、血管が衰弱する動脈硬化症・高血圧症・糖尿病が一般的です。

鼻血の止血方法

キーゼルバッハ部位損傷による鼻血の治療は、何かに寄りかかるようにして顔を上向きに向かせます。大人の場合は血が多少喉に達しても問題ありません。そして小指の先端から第二関節当たりまでの大きさで綿による“栓”を作成し、先にクリームを塗って鼻に詰めます。この後数分後には鼻血は止まりますが、30分ほどは栓を抜かいないよう にしましょう。慌てて抜いてまうと血の塊がはがれて、また鼻血が出てしまいます。

■止血がうまくいかないとき
鼻血がなかなか止まらない時は耳鼻科に行き治療を受ける必要があります。
薬の服用で止血を行う場合もあります。止血を行っても定期的に鼻血が
出る場合はしっかりと診断を受け原因を探りましょう。
とくに子供の場合は、慢性副鼻腔炎、鼻中隔湾曲、アレルギー性鼻炎
など、多くの原因が考えられます。

↑