群発頭痛の症状と治療

ミックスジュースの作り方・レシピ

群発頭痛ってどんな病気なの?

群発頭痛は、緊張型頭痛や片頭痛と比べて患者数が少ないため、聞きなれないかもしれませんが、群発頭痛の名称は、群発地震のようにある期間に集中して頭痛が起こるところからつけられました。たとえば、春先や秋口など季節の変わり目に群発頭痛がはじまり、いちど痛みがあらわれると、毎日のように頭痛を起こすようになります。群発頭痛の痛みは一定期間、たいていは2週間~2ヵ月くらい続きます。その後、半年から2~3年と、しばらく時間がたった後、再び同じような頭痛に見舞われるのです。頭痛の起こっている期間のことを「群発期」と呼んでいます。群発期以外の期間は頭痛はすっかり治まってしまいます。
女性に多くみられる片頭痛に対して、群発頭痛は20~40歳代の男性が中心となり、女性の4~5倍にのぼるともいわれます。その理由ははっきりしていません。

群発頭痛の症状は?

群発頭痛の症状は、次のような特徴があります。
◆どちらか片方の目の奥や周囲にあらわれ、上あごのあたりや頭の片側へと広がる激しい痛みがおこります。しばしば「きりで刺されるような」「目がえぐられるような」と表現されるように、耐えられないほどの強さです。あまりの痛さに横になっていることもままらず、動き回ってしまいます。
◆涙、鼻水、鼻づまり、結膜の充血、まぶたのむくみといった症状を伴います。
◆1日に1~2回起こり、1回の痛みの長さは十数分から1時間くらいで、ときには数時間におよぶ場合もあります。
◆毎日ほとんど同じ時刻に痛みだします。明け方に起こることが多く、強い痛みで目が覚めてしまいます。
◆たいてい頭の同じ側に生じますが、まれに反対側に移動したり、両側にあらわれるケースもあります。
◆群発期間には群発頭痛がアルコールで誘発されます。

群発頭痛とアルコール

群発頭痛が起きている1~2か月の間は、アルコールをのむと必ず頭痛が起きます。しかし、アルコールが群発頭痛の直接の原因ではありません。群発頭痛は、血管が拡張して起こると考えられていますが、アルコールで血管が拡がる程度では、群発頭痛は起こらないからです。
アルコールで血管が拡がると、その拡張を元に戻そうとして、ノルアドレナリンやセロトニンなど、血管を収縮させる物質がたくさん出てきます。これらの物質は、人間の体を活発にする交感神経系の物質です。交感神経系の物質がたくさん出てしまうと、それらの物質が足りなくなって、今度は逆に、体の活性化を鎮めようとする副交感神経系の方が優位に立つようになります。そのような副交感神経系が優位にある状況が1時間ぐらい続くと、血管を拡張させます。どうやらこのときの血管の拡張で、頭痛が起こるようなのです。
ですから、お酒をのんですぐに群発頭痛が起こることはほとんどありません。飲酒後だいたい40分から1時間後のお酒が少し醒めたころに群発頭痛はおこります。

群発頭痛の治療法

◆純酸素吸入法
群発頭痛の激痛は、鎮痛薬を服用しても抑えられないことが多く、今のところ、もっとも効果的な対症療法は「純酸素吸入法」とされています。純酸素吸入法は、純度100%の酸素を医療用の大型酸素ボンベからフェイスマスクを通して毎分7リットル、約10~15分吸入する治療法で、たいていは酸素を吸入して5分ほどで痛みは軽くなってきます。発作が起こったら、できるだけ早く行うと、より効果的です。この方法は8割の人に効果があります。医療機関で申し込むと医療用酸素ボンベの取扱い会社から酸素ボンベやマスクの貸し出しを受けることができますので、希望者は主治医の先生に相談して下さい。
◆くすり
純酸素吸入法とあわせて、薬物療法も行われます。群発頭痛の薬物療法では片頭痛と同様、エルゴタミン製剤が用いられるのですが、発作が起こってから服用してもあまり効果があがらないため、予防的治療に重点をおいた使い方をします。
エルゴタミン製剤は、くすりの種類によってたいへん効き目の強いものがあるので、服用するときは医師の指示に従い、副作用などに十分留意することが大切です。また、狭心症、心筋梗塞、腎障害、高血圧のある人、妊娠している女性などは、服用を避けるようにしてください。
群発頭痛では通常、痛みの起こる時刻がほぼ一定していて、とくに明け方が多いようです。このようなケースでは、就寝前にくすりをのむことで睡眠中の頭痛を予防できます。日中に群発頭痛の発作がある人は、発作の起こる時刻の1~2時間前に指定された量を服用しておくと効果があります。

群発頭痛と日常生活上の注意

◆日常生活
ふだんの生活の中で、頭痛を誘発する要因をできるだけ取り除くことを心がけましょう。群発頭痛は、飲酒後40分から1時間ほどたった頃にあらわれやすいものですから、群発期間は禁酒を守ってください。また、昼寝も誘因となることがあります。群発期間を過ぎれば、お酒を飲んでも頭痛は起こりません。お酒を楽しみたい人は、群発期間以外のときにしましょう。ただし飲み過ぎは禁物です。また頭痛が起こりそうなとき、深呼吸をすると予防効果があります。

↑