グルコサミンって何? サプリメントや健康補助食品の効果的な栄養補助のお役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

グルコサミンって何?

サプリメントや健康補助食品の効果的な栄養補助を!

イメージ

グルコサミンって知っていますか?

グルコサミンとは、ブドウ糖(グルコース)とアミノ酸(グルタミン)が結合してできた天然のアミノ糖類の一種です。グルコサミンはカニやエビなどの甲殻類の殻を形成するキチン質に多く含まれています。人間の身体の中では、軟骨やじん帯、腱、爪、ヒフなどを構成する成分です。
このグルコサミンには、細胞と細胞を結びつける効果があります。その効果は関節症や関節炎に有効です。グルコサミンはもともと体内で合成される成分なのですが、年齢が進むと減少していくのです。そこで、グルコサミンを摂取する必要がでてくるのです。

グルコサミンを摂取するには

実は、グルコサミンは食物にはごくわずかしか含まれていません。グルコサミンを比較的多く含んでいる食材は、うなぎ、ふかひれ、干しエビ、山芋、おくらなどです。しかし、どの食材もグルコサミンを少量しか含んでいなくて、日常の食事だけでは、関節痛の予防や、健康な人が日々の健康を保つ程度にしかグルコサミンを摂取できません。関節痛や関節炎、変形性関節症になった方は、より多くのグルコサミンを摂取する必要があります。

グルコサミンの効用

先に記したように、グルコサミンは関節痛や関節炎、変形性関節症の方が服用すると効果があります。年齢が進むにつれて人間の身体はグルコサミンを生成できなくなり、グルコサミンの減少により軟骨が作られにくくなるのです。すると、関節と関節をつなぐクッションの役割をしていた軟骨が減り、骨と骨の摩擦で間接が炎症を起こし、関節痛や関節炎となるのです。グルコサミンは軟骨やヒフを再生させる力を持ち、関節の炎症を抑え、傷ついた軟骨を修復します。グルコサミンは身体に大切な成分なのです。

グルコサミンに副作用はあるの?

グルコサミンはカニやエビ、山芋などの食品に含まれている成分であり、特に問題となる副作用はないようです。グルコサミンはもともと、体内で生成されていた成分ですので、安全なのですが、服用される方がもしエビやカニなどの甲殻類にアレルギーがある場合には注意して下さい。甲殻類のアレルギーを持つ方は意外と多いので、グルコサミンを購入する前に、そのグルコサミンの原料についてしっかり確認しましょう。また、グルコサミンの過剰摂取による胃痛や不快感が出る場合もあるようです。決められた摂取量は守るようにしましょう。

グルコサミンとコンドロイチン

最近、グルコサミンとコンドロイチンを一緒に聞くことが多いのではないでしょうか。グルコサミンとコンドロイチンを合わせて飲む治療法が最近脚光をあびています。
軟骨の生成を助けるグルコサミンですが、グルコサミンだけを飲むより、サメの軟骨から取れるコンドロイチンとグルコサミンを一緒に摂取することにより、よりその効果が高まることが分かったのです。
グルコサミンのサプリメントは通販などで販売されています。関節に違和感があったり、痛みがあったりする方は、是非一度グルコサミンを試してみて下さい。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.