ファイナンシャルプランナー(FP)の試験と受験 その資格を得るためのお役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

ファイナンシャルプランナー(FP)の試験と受験

その資格を得るために!

イメージ

ファイナンシャルプランナー(FP)とは?

ファイナンシャルプランナー(FP)をご存知ですか?ファイナンシャルプランナーとは、資産運用、金融などに関する総合的なアドバイスを行う人のことです。例えば、「毎月の収入と出費のバランスを見直したい」「将来一戸建てを買うためにはどうすればいいの?」「こんな低金利ではばかばかしい!良い運用方法はないの?」などなど、さまざまなお金に関すること(ファイナンス)を計画(プランニング)してくれるのがファイナンシャルプランナーです。ファイナンシャルプランナーは将来の夢や豊かな生活のために、金融・保険・不動産・税金など幅広い観点から提案、アドバイスをしてくれます。雑誌や新聞などでファイナンシャルプランナーの家計診断やコラムを見たことはありませんか?

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格の種類

生活設計アドバイザーとも言えるファイナンシャルプランナーですが、ファイナンシャルプランナーになるには資格が必要です。ファイナンシャルプランナーの資格は「国家資格」と「協会認定資格」の2つの資格があります。
「国家資格」は(社)金融財政事業研究所が主催する「1、2、3級FP技能士」を指します。試験は以前からありましたが、2002年から厚生労働省が認定する国家資格となりました。「協会認定資格」には日本ファイナンシャルプランナーズ協会が認定する資格です。「AFP(Affiliated Financial Planner)」と「CFP(Certified Financial Planner)」の2つの資格があります。
同じファイナンシャルプランナーなのにそれぞれ別の資格になりますが、2級FP技能士の受験資格の1つに「AFP認定研修の修了者」がある、試験実施日が同じ、2級学科試験は同一問題になっている、など関連した資格になっています。

ファイナンシャルプランナーにはどんな人がなっているの?

では、ファイナンシャルプランナーにはどんな人がなっているのでしょうか。実は、ファイナンシャルプランナーの資格は、銀行・証券会社・保険会社などの金融機関では当たり前の資格になっています。これから金融業界を目指す方は是非取っておきたい資格です。他にも、不動産会社などでもファイナンシャルプランナーが増えているようです。ファイナンシャルプランナーの約8割はこういう企業内で活躍しています。
独立しているファイナンシャルプランナーはまだあまり多くありません。しかし、相談する側にとってみると、所属している会社の商品にとらわれない分、幅広い提案が期待できます。司法書士、税理士、公認会計士などがファイナンシャルプランナー資格を持ち、プランニングするケースも増えています。

ファイナンシャルプランナー(FP)試験と受験

能士はテキストを使っての独学でも充分合格できます。3級FP技能士資格ではファイナンシャルプランナーとして独立するのには力不足ですが、就職活動では有利になりますし、ライフプランの基礎は身に付きます。3級FP技能士試験は年2回(1月と9月)に実施されます。
3級FP技能士以外のファイナンシャルプランナー試験には、受験条件があります。2級FP技能士を例にすると、1.3級FP技能士検定の合格 2.ファイナンシャルプランナー実務経験2年以上 3.AFP認定研修修了者 4.金融渉外技能審査3級合格者 が受験条件です。ちなみに、ファイナンシャルプランナー通信講座のほとんどが日本FP協会認定の通信講座ですので、通信講座が終了すると「認定研修終了証明書」が発行されて受験資格が得られます。一気に2級FP技能士を目指すのもありですね。

ファイナンシャルプランナーってお得な資格

ファイナンシャルプランナーは金融関係や不動産業種の方、金融関係業種への就職を目指す方、税理士などの副業、ファイナンシャルプランナーとして独立開業を目指す方など、いろいろと役に立つ資格である割に、資格取得難易度を考えると大変「使える資格」だと思います。ファイナンシャルプランナーとして専業の独立そのものはかなり厳しいと思いますが、国家資格になったので道はできたと言えます。
また、ファイナンシャルプランナーは自己啓発に役立ちます。投資に関する知識、自分のライフプランを考えるための知識がファイナンシャルプランナーで身に付きます。とても応用がきく幅の広い資格ですね。
目指せ、ファイナンシャルプランナー!!

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.