脂肪融解レーザーは安全で手軽なダウンサイズ術など、脂肪融解レーザーのお役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

脂肪融解レーザーは安全で手軽なダウンサイズ術

イメージ

脂肪融解レーザーとは

脂肪融解レーザーとは、その名の通り脂肪をレーザー光線で融解させる痩身術のことです。この脂肪融解レーザーはイタリアのDEKA社が開発したもので、多くの場合「スマートリポ」と呼ばれています。

脂肪融解レーザーでは、麻酔を施した痩せたい部分の脂肪層内に、先端からYAGレーザーを照射する、直径 1mmに満たない太さのレーザーカニューレを差し込み照射します。
YAGレーザーは、熱効果によって脂肪細胞の膜をやぶり脂肪をオイル状に溶解させるのですが、施術による皮下に存在する毛細血管からの出血も同時に止血してしまうため、内出血、腫れが抑えられます。
脂肪融解レーザーでオイル状に溶解された脂肪は、2〜4か月をかけて自然と体内に吸収されていきます。ですから一般的な脂肪吸引術と違い、脂肪融解レーザーの効果がしっかり定着してくるまでには2ヶ月から4ヶ月ほどの時間を要します。

脂肪融解レーザーと脂肪吸引術との違い

脂肪融解レーザーは効果が表れるまでにある程度時間がかかりますが、その他に脂肪融解レーザーが従来の脂肪吸引と違う点にどのようなものがあるでしょうか。

まず施術に際しての麻酔ですが、脂肪融解レーザーは局部麻酔を行い、脂肪吸引は施術規模にもよりますが、硬膜外・全身麻酔・静脈麻酔が用いられます。なお、従来型の脂肪吸引は術後麻酔が切れると痛みがあり痛み止めを服用しますが、脂肪融解レーザーの場合は術後の痛みがほとんどありません。
更に脂肪融解レーザーの場合にも軽い腫れや内出血がないわけではありませんが、それらも軽いものでおさまりますので、ダウンタイムがほぼないといって良いでしょう。

また施術時間も従来型の脂肪吸引では数時間かかるものでしたが、脂肪融解レーザーの場合は一部位あたり10分から30分程度で済みます。もちろん入院することもありません。

このため通常の脂肪吸引の場合、ある程度時間を作っての施術となり、働いている方には少し縁遠いものでしたが、脂肪融解レーザー術なら、極端に言えば、仕事の合間時間にでも行えるといった気軽さがあります。

脂肪融解レーザーの人気の要素のひとつは、こうしたプチ整形並みの手軽さにあります。

脂肪融解レーザーのデメリットは

脂肪融解レーザーが手軽な痩身術であることはお分かりいただけたと思いますが、この脂肪融解レーザー術のデメリットには何が考えられるでしょうか。

ひとつには、一回の脂肪融解レーザー術で融解できる脂肪の量は250ccと非常に限られているということです。このため脂肪融解レーザーはすでに痩せている方の、部分太りしている部位のサイズダウンに向いているという見方もあります。

しかし同じ部位の脂肪を、期間をあけて融解することもできますので、時間をかければ理論的には脂肪はいくらでも融解できます。

また脂肪融解レーザーの効果が定着するまでに、2ヶ月から4ヶ月かかると言う点もデメリットでしょう。こうした施術をされた方なら効果を早く体感したいというのが普通ですからこの点も脂肪融解レーザー術のデメリットです。

しかし脂肪融解レーザーには、この2点ぐらいしかデメリットがないと言えます。
考えてみればこうしたデメリットも、逆に脂肪融解レーザーの安全性というメリットに繋がります。

脂肪融解レーザーは安全なダウンサイズ術

脂肪融解レーザーの人気要素にはその安全性という面もあります。
まず、従来型の脂肪吸引のように一気にたくさんの量の脂肪を吸引すれば、それだけ体にかかるダメージも大きくなります。当然痛みや腫れも施術規模に比例していきます。

一気に痩せたいと願っている方には酷かも知れませんが、一回に融解できる脂肪量に限度があるというのは、結果的に大切な体にかける負担を軽減するので、脂肪融解レーザー術の安全性は評価できると思います。

また確かに効果が出るのが2ヶ月から4ヶ月ほど先になるという点ですが、周りから見た場合でも一気に特定の部位が引っ込んだり痩せて見えるというのは、やはり自然には見えません。「いかにも○○をした」と見られるのも、本人にとっては心理的な負担になる場合があります。

脂肪融解レーザーで溶解しオイル状になった脂肪は、体内に存在するマクロファージとよばれる細胞によって分解され吸収されるのですが、この分解吸収に時間がかかるため効果の表れにも時間がかかるのです。

それでも一気に、しかも極端に、ダウンサイズするというのは、体のいろいろなところに負担をかけていることを認識しておきたいと思います。
脂肪融解レーザーは、こうしたことから痩身施術の中でも非常に安全な美容施術だと言えるのではないでしょうか。

脂肪融解レーザーのクリニック選び

脂肪融解レーザーは、最近では多くの美容整形クリニックで扱われています。どのクリニックを選んだら良いか迷うところでしょうが、まず感覚的でも構いませんから、いくつか良さそうなクリニックをピックアップして、カウンセリングを受けてみることです。
このカウンセリングの段階ですぐ施術しましょう、という感じで押してくるクリニックなら一旦除外して、なるべく複数のクリニックで相談して下さい。

脂肪融解レーザーは脂肪吸引と違ってそれほど医師の腕で大きな差は出ないと思いますし、施術時間が短いものですから気軽に受けられるものと考える向きもあるようですが、何事もはじめてのことですから、クリニック選びを疎かにしないことです。
なお脂肪融解レーザーの一部位あたりの施術料は約100,000円というところを目安にして見ればよいのではないでしょうか。

また、脂肪吸吸引を受けたことがある方でも、この脂肪融解レーザーで落ちにくかった脂肪をとる方もいます。
脂肪融解レーザーは、脂肪吸引では取れない細かい顎や頬などの細かい部位にも有効です。
また、脂肪融解レーザーは脂肪吸引で生じた皮膚のデコボコをなめらかにすることができます。
脂肪融解レーザーにはこうした効果もありますので、脂肪吸引をご経験されている方も、積極的に脂肪融解レーザー術を受けてみられることをおすすめします。

Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.