債務整理、債務整理の種類など、債務整理に関するお役立ち情報。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

債務整理の成功法

イメージ

債務整理とはそもそも何か?

債務整理を簡単に言うと、溜まった借金に関する問題を法的に何とかするというものです。ひとことで債務整理と言っても、その時の状況や方法によって様々な種類があります。
最も有名な債務整理の方法は破産ですね。この他には特定調停・個人民事再生・任意整理と言った物があります。
債務整理はどうしようもなくなった借金から解放される反面、自分の財産も無くなってしまいます。困ったら債務整理すれば良いというのではなく、あくまでも債務整理は最終手段であるという事を忘れないようにしましょう。

債務整理の種類を知っておこう

債務整理で最も多いのが破産です。これは返済能力が無い場合に行う事ができます。借金を減額したいのであれば民事再生、ある程度財産(マイホーム等)を守りたいのなら特定調停が適しています。
ちなみに任意整理についてですが、これは債務整理の中でもちょっと特殊な物です。債務整理は基本的に法律に基づいて行うのですが、任意整理の場合は債務者と債権者が返済条件を決めて合意する事で成立します。
債務整理をすると決めた場合は、任意整理はできるだけ選ばない方が良いかもしれません。こちらは素人ですが相手はプロです。気づいた時には債権者有利な内容になっているかもしれませんよ。
債務整理の種類は以上です。あまりやりたくない物ですが、もうどうにもならない時はこれらの方法に頼る事になると覚えておきましょう。

債務整理をする時のポイント

債務整理をする時のポイントは、自分が抱えている借金を全て明らかにするという事です。一部でも不明瞭な所があれば、うまくいかない事がよくあるのです。
既に返済してしまった借金の事は忘れてしまっているかもしれませんが、債務整理ではその資料があると無いとでまた変わってくるものです。
債務整理をする時は、自分だけでその問題を抱え込まないようにしましょう。債務整理の事は知られたくないとしても、いつかは家族に露見するものです。債務整理は自分一人だけの問題ではありません。家族で一致団結する事が重要だという事を覚えておいてください。

債務整理を自分でするには

債務整理を自分でする事の最大のメリットは、なんと言っても手続きの費用が安く済むという事です。少しでも出費を抑えたいという方は、自分で債務整理をすると良いでしょう。
ただし債務整理を自分でするのはとても難しいものなので、債務整理についてかなり勉強する必要があります。業者側とのやり取りも専門家が介入しないと応じないという場合もありますので、自分でする債務整理はかなりハードルが高いと思った方が良いですね。
自分で債務整理をするメリットはお金の問題ですが、それ以外のデメリットはけっこう大きいと思います。もし自分で債務整理をしようという方は、その点をしっかり覚悟しておきましょう。

債務整理を弁護士・司法書士に依頼しよう

債務整理をするのであれば、やはり弁護士や司法書士に依頼をするという方法が一番です。確かに依頼料が発生してしまいますが、自分で債務整理をするよりも格段に成功する可能性は高くなります。
債務整理において一番の問題は債権者との交渉ですが、この部分も含めてお願いする事ができますので、こちらは指示された通りに動けば何とかなる事がほとんどです。
もちろん債務整理のプロと言っても、100%成功するというわけではありません。ですが、自分で債務整理の手続き・交渉をするよりもスムーズに進む事はたしかなので、よほどの事情が無い限りは依頼した方が良いと思います。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.